ノルウェージャンクルーズの旅行とライフスタイルに関するこのブログでは、次回の旅のプランを立てたり、夢のバケーションを思い描くためのアイデアをご提供しています。 憧れの地でのバケーションを実現する手がかりとしてください。 これまでとは違う視点で世界をご覧になり、 内なる旅心を何度でも呼び起こしてください。

カリビアンクルーズが若い社会人向けのバケーションとして最適な理由

  • 2014年10月13日
  • 投稿者:ホイットニー・キンメル
  • Google+
カリブ海バケーション

一度実際に体験してみないことには、クルージングの計画は難しいものです。 若者がクルーズバケーションの計画を立てる際に重要となるのは、自分の両親や祖父母がファミリーバケーションを計画していた頃との、時代の違いを理解すること。 人気のあるカリブ海バハマへの週末クルーズの他にも、島から島へと旅したい方世界を豪遊したいという方にも魅力的な航程を数多くご用意しています。 豪華な最新型の客船で行くカリブ海クルーズでは、エンタータイメント、おいしいお食事、アクティビティなど、都市で楽しむものすべてを船内で満喫できます。 カリブ海へ年間を通して航行するノルウェージャンクルーズラインの最新客船、 ノルウェージャン ゲッタウェイノルウェージャン ブレイクアウェイは、最高のトロピカルバケーションに最適な選択肢だといえます。 その理由をご紹介しましょう。

カリブ海クルーズ
目的地:

ノルウェージャンクルーズラインで最も人気のある7日間のカリブ海クルーズでは、セントマーチン島、セントトーマス島、ナッソーを訪れます。 それぞれ個性的な寄港地では、カリブ海が持つ魅力の一部を体験することができます。 冒険好きな私は、年代物のアメリカズカップのヨットでフィリップスバーグのクリスタルブルーの海でレースに参加し、バージン諸島に滞在中には地元のフェリーでセントジョン島にシュノーケリングに向かい、最高のコンク貝を求めてバハマ中をバイクで走り回ったりしたものです(ついにゴールディーズコンクハウスで見つけましたよ)。 一度のクルーズバケーションで、このすべてを体験できるのをご存知でしたか? 穴場をお探しなら、船から下りて自分で探しにいくこともできますが、船内の寄港地観光ツアー案内やコンシェルジュサービスを利用するば、思いもよらなかったようなアドベンチャーを計画できます。 カリブ海クルーズでは、ひとつの目的地を選ぶのではなく、もっと自由な楽しみ方が可能です。初めての方でも計画を立てる煩わしさがありません。

カリブ海航空券割引

船内での体験:

現代の都市生活にはすべてが揃っています。 最先端の料理から最新のフィットネスやヘルスクラブまで、都市にいること自体がまるでバケーションのようです。 そんな環境で育った新世代の旅行者たちが、クルーズバケーションを自分たちのライフスタイルに恥じないものにしたいと思うのも当然のことです。 ノルウェージャンクルーズラインの新しい客船がその期待に応えます。 セレブシェフ、ジェフリー・ザカリアンの最新レストラン「オーシャンブルー」で食事をしてみたいですか? もちろん大丈夫です。お手製のキューカンバー ハラペーニョ モヒートをお試しになりたいですか? おまかせください。落ち着いた雰囲気のシガーバーで選りすぐりの葉巻を楽しみたいですか? もちろんできます。一流のホットストーンマッサージ、贅沢なヘアブローやフィットネスコンサルテティングはいかがですか? どうぞご利用ください。 ロッククライミングウォールのスリル、プールサイドで過ごす朝、ヨガスタジオ、数えきれないほどの船内アメニティ、そして極上のサービスをご提供します。 サーバーもスチュワードもエンターテイナーもすべてバケーションの一部です。 お客様の名前を覚え、好みを知り、お客様ひとりひとりに応じた体験を用意してくれます。 最高のものを手にすることができます。 運が良ければ、普段は従業員向けのメニューにない料理やおすすめカクテルをすすめてくれたり、ステージでパーフォーマーと共演させてくれるかもしれませんよ。

カリブ海クルーズ

ソーシャルシーン:

私には子供がいませんが、カリブ海クルーズが、 ファミリーバケーションに最適な理由ならたくさん知っています。 子供たちはウォーターパークで大はしゃぎできます。 ティーンには彼らだけのクラブラウンジがあります。 そして、ご両親は家族の心配をせずに安心して自分たちが楽しむ自由が手に入るわけです。 それなら、独身者やカップルはどうでしょうか。 若いカップルの旅行者として参加した私は、ファミリー向けの体験を求めていたわけではありませんでしたが、その雰囲気はとても心地よいものでした。 ノルウェージャン ゲッタウェイの大きさと、船内のさまざまな大人専用エリアのおかげで、多くの家族が楽しんでいる中でも自分のライフスタイルに合ったバケーションを楽しむことができました。 私の場合には、すべてがロマンチックでエキサイティングでした。 大切な人と共に夕暮れの海を見渡したり、静かな場所にあるジャグジーで素晴らしいバケーションに乾杯する姿を思い浮かべてみてください。 ロマンスの楽しみ方もさまざまですが、居心地のいいフレンチビストロのテーブル越しに囁きを交わしたり、しゃれたハイトップバーでカクテルを飲んだり、カジノでダイスを転がしたり、五感に訴えるようなカップルでのマッサージなど、何を楽しんでも、決してがっかりするようなことはありません。 一人旅の旅行者たちにも、新たな友を探している他の旅行者達が集まるプライベートラウンジと社交エリアがあります。

カリブ海バケーション

完璧な目的地を選ぶ:

若者なら言うまでもありませんが、カリブ海クルーズはその価値が独特の魅力になっています。 価値といっても、価格のために品質を妥協する必要があるということではありません。 ノルウェージャン ゲッタウェイなら、最新鋭客船のあらゆるアメニティを体験し、ワンランク上の環境の中で羽目をはずして楽しむことも、同クラスのリゾートよりお手頃な料金でできます。 数々のダイニングオプションや、フレキシブルなアクティビティースケジュールがあるため、おしゃれをしてディナーやダンスで夜を過ごしたり、もっとカジュアルな船内パブや気軽な雰囲気のスポーツバーへと向かうこともできます。 充実したダイニングやアメニティに加え、ご予算とお好みに応じたダイニングビバレッジ、スパやフィットネスのパッケージを追加することもできます。 クルーズ代金に含まれる数多くのアクティビティをご自分へのご褒美にしてください。

最近の記事

投稿者について

旅が大好きなホイットニーは、北東部を離れ、多くの人々がバケーションを楽しむ街マイアミに移り住むことにしました。 これまでに3つの国、7つの州で暮らした経験を持つ彼女は、まだまだその数を増やしたいと願っています。 お気に入りの旅行先はシンガポールとアマルフィ海岸です。ホイットニーは慢性的な「旅行に行きたい病」に悩まされています。彼女は平和部隊で活動していたときに、多くの病が治療可能であることを学びましたが、こればかりは治ることはないようです。

トップへ戻る