ノルウェージャンクルーズの旅行とライフスタイルに関するこのブログでは、次回の旅のプランを立てたり、夢のバケーションを思い描くためのアイデアをご提供しています。 憧れの地でのバケーションを実現する手がかりとしてください。 これまでとは違う視点で世界をご覧になり、 内なる旅心を何度でも呼び起こしてください。

クルーズの荷物に入れたい持ち物

  • 2015年1月15日
  • 投稿者:ジェン・ウー
  • Google+
ザ・ヘブン by ノルウェージャン

バケーション先で、忘れ物や持ってくればよかったものに気付くほど残念なことはありません。 クルーズ愛好家はこれをよく知っています。なぜなら、カリブ海の静かな小島や雪の降るアラスカの町では手に入らないものもあるからです。 必需品のほかに、次回のクルーズ旅行に持って行くと便利なものを以下にいくつかご紹介します。

必需品がすべて入る手荷物用バッグを持っていきましょう。

小さめの手荷物用バッグ

小さな手荷物用バッグは、重要な書類、衣類、必要な薬、そのほか持ち歩きたいアイテムなどを入れるのに最適です。 寄港地での探索や寄港地観光ツアーに参加する際に持ち歩く荷物にも、同じバッグが使えます。

双眼鏡

双眼鏡

景色の美しい場所に行くなら、双眼鏡を持って行きましょう。 寄港中や、船のオープンデッキで使うことができます。 性能のよい双眼鏡を持ってくれば、昼間は野生の動物たちを、夜は星空を観察することができます。

クルーズに水を持っていきましょう。

水の容器

船内で水を購入する代わりに、自分で水を持ってくれば節約になります。 水の容器をチェックインするか、または港で購入したものを船内に持ち込むことができます。 水のほかにも、ノンアルコールの炭酸飲料やジュースを持ち込めます。 セキュリティ上の理由から、これらのアイテムは密閉されている必要があります。

フリースタイル デイリー(Freestyle Daily)に蛍光ペンでマーキング

蛍光ペン

何に使うのかと思われるかもしれませんが、一日の計画を立てるのに便利なのがこのアイテムです。 経験豊かなクルーズ愛好家なら誰でも知っているように、船内では数えきれないほどのアクティビティがあります。 これらのアクティビティはすべて、フリースタイル デイリー(Freestyle Daily)に説明とともに掲載されていますが、その膨大な量に圧倒されるかもしれません。 参加したいアクティビティに印を付けておけば、後々の計画が楽になります。

電源タップを荷物に入れるのを忘れずに

電源タップ

電源タップは持ち込み可能です! 船内のステートルームのコンセントの数は比較的少なく、また便利な場所にあるとは限りません。 人数の多い家族での旅行や持参する電子機器が多い場合などは、電源タップを持ち込むと便利です。

ホワイトホットパーティー

白い服

洋上で一番熱いパーティー「ホワイトホットパーティー」をぜひお見逃しなく。ドレスコードの白に合わせた服を忘れずにお持ちください。

目覚まし時計

目覚まし時計

タイムゾーンを越えるクルーズには、目覚まし時計を持っていきましょう。 ほとんどの人が携帯電話を目覚まし代わりに使いますが、洋上での使用には問題が生じる場合があります。 電波が届かないため、携帯電話の時刻が常に正しく設定されるとは限りません。 就寝前に目覚まし時計の時間を変更しておけば、うっかり寝過ごさずに済みます。 また、ゲストサービスデスクに電話して、モーニングコールをリクエストすることもできます。

アロエ

アロエ

日焼けに弱い体質の方は、万一に備えてアロエを持ってくると役に立ちます。 備えあれば憂いなしです。 船内でもアロエを販売していますが、最高4,000人を乗せた客船では売り切れる可能性もありますので、持参する方が無難です。 さらに、持ってきたアロエをシェアすることで新しい友達ができるかもしれません。

救急箱

救急箱

すべての客船には、一般用医薬品を購入できるメディカルセンターまたは日用品店があります。 軽い頭痛や小さな切り傷などに必要なアイテムを自宅から持ってくれば、慌てて探したり、時間を無駄にすることもありません。 一般用医薬品、バンドエイド、塗り薬、そのほか旅行中に必要と思われるものを詰めた小さなバッグを用意しましょう。

映画やテレビ番組

映画やテレビ番組

旅の途中で、自分の部屋で過ごしたい夜もあるかもしれません。 エンターテイメントをクルーズ船のテレビに任せてしまわずに、自分のノートパソコンを持参しましょう。 多くのノートパソコンは、ステートルームのテレビに接続できるため、好きな映画を大画面で観ることができます。

キャンドルライト

キャンドルライト

本物のキャンドルの船内持ち込みは禁止されていますが、キャンドルライトなら持ち込めます。 これで、記念日や誕生日の特別な日のお祝いなどに、キャビンのムードを盛り上げることができます。 キャンドルライトをバスルームに置いておけば、お子様が夜中に暗がりの中でトイレに行くときにも安心です。

携帯電話の外部バッテリー

携帯電話の外部バッテリー

寄港地で一日中外出する予定なら、携帯電話の外部バッテリーの購入をお勧めします。 充電可能なこれらのバッテリーは小さなチューブ型になっており、ポケットやかばんに入れて出かけるのにぴったりです。 携帯のバッテリーを温存して、いつでも写真が撮れるようにしておきましょう。

最近の記事

投稿者について

中国系アメリカ人二世として、ジェニファーにとり文化の橋渡しは当たり前のことでした。 子供の頃、何度も中国に旅行したことで火がついた旅行熱は、現在も冷めることがありません。 中国の他にもヨーロッパ全土を歩き、今は次に訪れる目的地を検討中です。 海外では、現地のこと、特に食べ物について知ることが大好きです。

トップへ戻る