ノルウェージャンクルーズの旅行とライフスタイルに関するこのブログでは、次回の旅のプランを立てたり、夢のバケーションを思い描くためのアイデアをご提供しています。 憧れの地でのバケーションを実現する手がかりとしてください。 これまでとは違う視点で世界をご覧になり、 内なる旅心を何度でも呼び起こしてください。

ハワイクルーズ:食べて、飲んで、すばらしい景色を観賞

  • 2015年10月22日
  • 投稿者:アシュリー・フォックス
  • Google+
プライド オブ アメリカで行くハワイバケーション

活火山の散策からご当地グルメまで、誰もが楽しめるビッグアイランド。 ハワイ島でのバケーションをおすすめする、数ある理由の中からいくつかをご紹介します。

夢見る人におすすめ

ハワイ島バケーションのレインボーフォールズ

滝、鮮やかな花々、そして消えることのない虹。ここでは空想というものは必要ありません。 レインボーフォールズではこれが現実の世界なのです。 高さ80フィートある滝を、天然のミストを感じながらうっとりと眺めてみませんか? ミストによってできた虹がどこからともなく現れるこのなんとも言えない空間は、ハワイでも最も神秘的な場所の一つです。 自然をもっと楽しみたいという方は、アカツカ ガーデンへ。鮮やかな蘭を間近で鑑賞できます。 その形や大きさ、色、模様の種類の多さに驚かされることでしょう。

スリル追求型の方におすすめ

サーストン溶岩洞の入り口

ハワイ火山国立公園に行くと、目に飛び込んでくる世界有数の活火山、キラウエアに胸が高鳴ることでしょう。 ここでは、500年前に流れてきた溶岩によって形成されたというサーストン溶岩洞にぜひ足を運んでください。 洞窟の反対側に出ると、予想外な熱帯雨林が待ち受けています。 そこからは国立公園内の150マイルのハイキングコースを楽しめます。生い茂る熱帯雨林や火山噴火口のクレーターなどさまざまな自然や地形を散策することができます。

グルメな方におすすめ

ハワイのおいしい食べ物

いつものカップケーキやクロナッツとはちょっと違う、マラサダはいかがですか? たっぷりの油で揚げたマラサダ。もともとはポルトガルからの移民によって持ち込まれたものです。 このふわふわとしたスイーツはハワイの人々に非常に愛され、今ではこの「ハワイアンドーナツ」を専門としたベーカリーができるほどです。 マラサダは普通のドーナツとは違って穴がなく、さらに多くの生地やフルーティーなフィリングが詰まっているためちょっと得した気分になれます。ハワイに行くからにはぜひプナルウ ベイクショップに立ち寄ってマラサダをお召し上がりください。「米国最南端のベーカリーへ行ってきた!」と鼻高々に自慢できるでしょう。

コーヒー好きにおすすめ

コナコーヒー

コーヒー通にも午後のひと時に1杯という方にも、ハワイでコーヒーといえばコナ。 コナ周辺にはおよそ600のコーヒー農園があります(すべての農園を回れば、一生眠れなくなってしまいますよ!)。 なかでも、ぜひ行ってほしいのがコナジョー コーヒー。 受賞歴を誇るコナジョーのコーヒーは、世界最高級のワインメーカーの手法に似た方法で作られています。 それは、ブドウの木を育てるようにコーヒーの実を栽培して、より多くの日光を直接受けられるようにするという長年受け継がれてきた手法です。 ここでコナジョーのユニークな製造過程を学び、ハワイ名産のコーヒーを実際に試してみませんか?

太陽の恵みを慈しむ方におすすめ

ハワイのビーチ

ハプナビーチの砂に裸足で触れてみましょう。ハワイ島最大の白い砂浜であるこのビーチは、スイミングやシュノーケリング、日光浴を楽しめる最高のスポットです。 美しいこのビーチは人気が高く行く人も多いため、早めに出かけて場所を確保しましょう。 ハプナビーチの次はプナルウビーチへ。島の反対側にあるこのビーチではまた違った砂が見られます。 プナルウはハワイで最も有名な黒砂のビーチですが、その砂の正体は細かい溶岩の粒。 さらに黒い砂は白い砂よりも長く熱を保つため、ここでは亀がよく現れます。 ぜひプナルウビーチに行ってみてください。気が付けば、亀のとなりで日光浴しているなんてことがあるかもしれません。

ノルウェージャンクルーズラインで行くハワイクルーズは、7日間でクルーズライン業界でも最多の4島(オアフ島カウアイ島マウイ島、ハワイ島)を巡ります。 受賞歴を誇る航程と2回の停泊を通して、名高いハワイの文化を満喫してください。

最近の記事

トップへ戻る