キューバに渡航する際、どのようなことを知っておけばよいですか?


ノルウェージャンクルーズラインはなぜキューバクルーズの運航ができるのですか?

ノルウェージャンクルーズラインでは、米国財務省の海外資産管理局(OFAC)の規定のもと、渡航の許可を受けた旅行者を対象に、直接あるいは間接的に、米国とキューバ間の船舶運航業務を行うことが認められています(OFAC FAQ No. 38、31 CFR § 515.572)。

 

ノルウェージャンクルーズラインのキューバクルーズは他の目的地のクルーズとはどう違うのですか?
ノルウェージャンクルーズラインのキューバクルーズは、OFACの規定の「人と人とのグループ交流」に該当します。 それでいながら、自由でフレキシブルというノルウェージャンクルーズラインならではのスタイルもしっかりと取り入れています。

 

「人と人とのグループ交流」とは何ですか?
この一般認可を受けると、米国の管轄下にある個人が組織の支援のもと、キューバで特定の教育的交流を行うことが認められます。その組織とは、米国の管轄下にある個人に対して、そうした人と人との交流を図る機会を提供する団体のことを指します。 一般認可のもとでは、現地のキューバの人との意義深い触れ合いにつながる、教育的交流を目的とした終日体制のアクティビティ計画に従うことが求められます。

 

2017年6月16日以降に予約したクルーズはどうなりますか?
2017年6月16日以降にクルーズを予約された場合は、一般認可「人と人とのグループ交流」の下でキューバに渡航し、ノルウェージャンクルーズラインやその他の米国の主催団体を通してOFACの「人と人との交流」に該当するアクティビティに参加することができます。主催団体を利用する米国市民の方は、現地のキューバの人との意義深い触れ合いにつながる、教育的交流を目的とした終日体制のアクティビティ計画を用意しなければなりません。

 

2017年6月16日よりも前に予約したクルーズはどうなりますか?
2017年6月16日よりも前にクルーズを予約された場合は、「人と人との個人的交流」か「人と人とのグループ交流」を渡航理由とすることができます。

 

「人と人との個人的交流」をしたいのですが。
ODFACは2017年11月9日以降、「人と人との個人的交流」を渡航理由として認めていません。 ただし、2017年6月16日よりも前にクルーズを予約された場合は、「人と人との個人的交流」か「人と人とのグループ交流」を選ぶことができます。 前述の「2017年6月16日よりも前に予約したクルーズはどうなりますか?」も合わせてご覧ください。

 

キューバへの渡航に必要なものは何ですか?

  • 米国市民のキューバへの渡航は法的に認められているのですか?
  • キューバへの渡航にパスポートは必要ですか?
  • 自分の渡航が海外資産管理局(OFAC)の認めるカテゴリーに該当するということをどうやって証明するのですか?
  • 自分のクルーズ旅行がOFACの規定に準じていることをどうやって証明するのですか?
  • 米国市民でなくてもキューバクルーズを利用することができますか?
  • Click here for more information on Cuba Travel Documentation.

 

ビザに関する注意点は?

  • キューバへの渡航にビザは必要ですか?
  • 出生地がキューバの方について
  • Click here for important Cuba visa requirement information.

 

キューバ滞在中の注意事項

キューバへの物品の持ち込みに関して制限はありますか?
米国とキューバの双方が輸入規制を設けており、渡航者がキューバに物品を持ち込む際はこうした規則に従わなければなりません。

米国の輸入規制については、米国商務省産業安全保障局の輸出管理規則(https://www.bis.doc.gov/index.php/regulations/export-administration-regulations-ear)をご覧ください。

キューバの輸入規制については、キューバ税関(http://www.aduana.gob.cu/)にてご確認ください。

 

通貨および金融取引
キューバでは2種類の通貨が使用されています。 そのうち旅行者が使用するのがキューバ兌換ペソ(CUC$)で、額面には1、3、5、10、20、50、100兌換ペソがあります。 1兌換ペソには硬貨と紙幣がありますのでご留意ください。 もうひとつはキューバペソで「モネダナショナル」(moneda nacional)、「CUP」とも呼ばれ、キューバ国民のみが使用しています。

キューバで両替はできますか?
はい。いったんキューバ国内に入ると港のほか、一部のホテルや銀行、CADECA(キューバ政府の両替所)などで両替ができます。取扱通貨は米ドル、カナダドル、ユーロ、英国ポンドなどで、手数料がかかります。 通常は、ユーロやカナダドルなど米ドル以外の通貨の方が為替レートが有利になっています。 両替の際は必ず身分証明書(パスポート)をお持ちください。 もしも路上で両替の話を持ちかけられても、決して応じないでください。 2通貨制をとっているキューバでは、こうしたことが特に起こりやすくなっています。

米国務省では、金額に関わらず兌換ペソ(CUC)の持ち出しは固く禁じられているとして注意を促しています。

金融取引が制限されている団体などはありますか?
2017年11月9日以降、米国政府がキューバ制限対象リスト(https://www.state.gov/e/eb/tfs/spi/cuba/cubarestrictedlist/275331.htm)で指定している団体があり、それらついては特定の直接金融取引(クレジットカードや現金での支払いなど)が禁止されています。 ホテルなどが制限対象リストに入っている可能性もありますので、上記のウェブサイトを確認されるようお勧めいたします。

キューバでクレジットカードは使えますか?
キューバでは米国市民の方のデビットカードとクレジットカードの使用が認められていますが、米国の銀行の大半は、未だそうしたカード取引の承認を検討している段階です。 したがって、キューバでの取引はすべて現金になるものとお考えください。 前述の「金融取引が制限されている団体などはありますか?」で特定の直接金融取引に関する最近の米国の法改正について触れていますので、合わせてご覧ください。

キューバにWi-Fiはありますか?
キューバに停泊するすべての船舶がWi-Fiサービスを提供しています。ただし、常時利用可能という保証はできかねます。 キューバでのWi-Fiサービスは限られていますが、ホテルやインターネットカフェなどでは有料で利用できる場合もあります。

キューバで携帯電話は使えますか?
キューバの通信会社ETECSAとローミング契約を交わしている米国やその他の国の通信会社が複数あり、こうした会社がキューバ国内で音声やデータ、テキストメッセージなどのサービスを提供しています。詳細はご契約の携帯電話会社にお問い合わせください。

キューバからはどのようなものが持って帰れますか?葉巻やラム酒、その他の物は持ち帰れますか?
米国市民の方については、個人的な使用目的でのみ、OFAC規則に準じて葉巻やラム酒など特定のキューバ製品の持ち出しが認められています。 ただし、これらの場合も、手荷物として持ち込まれる商品ならびに個人使用の物品は、輸入関税や免税の通常の範囲に限られます。 「米国市民のキューバへの渡航は法的に認められているのですか?」の項でご案内しているリンク先のページに、米国への持ち込みが認められているキューバの物品について情報が提供されていますので参考にしてください。

キューバで使えるお金の金額に上限はありますか?
認められている商品やサービスであれば1日の使用金額に上限はありません。

寄港地観光ツアーはクルーズ代金に含まれていますか?
いいえ。クルーズ代金には含まれておりませんが、ノルウェージャンクルーズラインでは、「人と人とのグループ交流」にあたるアクティビティの要件を満たすうえで役立つさまざまな寄港地観光ツアーをご用意しています。

 

旅行中の体験

クルーズではどこの港に立ち寄るのですか?
客船ノルウェージャン スカイとノルウェージャン サンがハバナに寄港します。

どんな寄港地観光ツアーがあるのですか?
寄港地観光ツアーには、ハバナとその周辺ならではの魅力や風土をテーマにしたものが各種あり、「人と人とのグループ交流」の条件も満たしています。

寄港地観光ツアーのバスにエアコンは付いていますか?
はい。ツアーに使用するバスはすべてなるべく新しいものを使用し、エアコンを完備しています。

 

キューバ国内では自由に移動できますか?
ノルウェージャンクルーズラインでは、港ごとにさまざまな寄港地観光ツアーをご用意しています。 ただ、寄港地観光ツアーへの参加はあくまでも任意で、「人と人とのグループ交流」となるのであればその他の米国の主催団体を利用することも可能です。また、一般認可で認められた活動の範囲内であれば、ご自身で自由に移動していただいてもかまいません。 政府関係の建物は立ち入りが禁じられている場合がありますので、勝手に入らず、ガイドに指示を仰いでください。

船内ではどのような体験ができますか?
ノルウェージャン スカイとノルウェージャン スカイでは、キューバならではのお料理やエンターテイメントをご用意しています。これまでのさまざまなエンターテイメント、ダイニングオプション、 バー&ラウンジなども合わせて、クルーズ全体を通して楽しいひとときをお過ごしいただけます。

 

健康および安全上の注意事項

医療保険に入らなければなりませんか?
すべての渡航者が、キューバ政府が認める医療保険に加入していることを証明するものを提示しなければなりません。 医療保険加入料はクルーズの料金に含まれています。

キューバでの医療費は私が入っている保険でカバーされますか?
米国のキューバ渡航認定者に対する健康保険、生命保険、旅行保険の提供、また、救急医療サービスや関連費用の支払いについては、OFACが許可することになっています。 ただし、キューバに関して実際にこうした補償を行うかどうかは、保険会社それぞれの判断に委ねられます。渡航の前に加入されている保険会社にお問い合わせになり、キューバ旅行が補償対象になっているかご確認ください。

メディケアでキューバでの医療費をカバーできますか?
渡航前にご利用のメディケア取り扱い保険会社にお問い合わせになり、キューバ旅行が補償対象になっているかご確認ください。

ノルウェージャンクルーズラインを通して加入できる補完的な医療保険や旅行保険はありますか?
はい。ノルウェージャンクルーズラインは、補完的な医療保険や旅行保険をご用意しています(料金が別途必要です)。

キューバへの旅行は安全ですか?
キューバは安全な国で、凶悪な犯罪はほとんどありません。 ただ、都会では常に貴重品から目を離さないようにし、軽犯罪にご注意ください。

 




米国政府が発表した新しいガイドラインは、キューバーへのクルーズにどのように影響しますか?

トップへ戻る