ノルウェージャンクルーズの旅行とライフスタイルに関するこのブログでは、次回の旅のプランを立てたり、夢のバケーションを思い描くためのアイデアをご提供しています。 憧れの地でのバケーションを実現する手がかりとしてください。 これまでとは違う視点で世界をご覧になり、 内なる旅心を何度でも呼び起こしてください。

クルーズ船でアクティブに過ごす10の方法

  • 2015年9月21日
  • 投稿者:ジェン・ウー
  • Google+
クルーズ船でアクティブに過ごす10の方法

バケーションの細かい計画を立てなくてもいくつもの土地を訪れることができるという点で、クルーズは最高です。 ただ座ってリラックスしているだけで夢のようなカリブの島々やエキゾチックなアジアオーストラリア、巨大な氷山があるアラスカまで、船が連れて行ってくれます。 にぎやかなカジノ、多様なエンターテイメント、美味しい食事、飲み放題の無料ドリンク(一部クルーズのみ)まで船上で快適に過ごすために必要なものはすべて揃っています。 あまりに至れり尽くせりなため、クルーズ中の体重増加の平均値が5-10ポンドというのも納得です。 お腹のたるみ具合が気になったり、活動的なライフスタイルを維持できないのではとお思いの方はご心配なく。クルーズバケーションでアクティブに過ごす10の方法をご紹介します。

1.旅行中もヘルシーな食生活を

クルーズ中もヘルシーなお食事の選択肢が用意されています。

お決まりですが、「言うは易し行うは難し」です。 ご自分のバケーションですから、クリーミーなロブスターのフェットチーネも、ジューシーなバーベキューリブも、よだれの出そうなチョコレートフォンデュだって我慢する必要はありません。 ただ、ヘルシーなオプションがあることもお忘れなく。 時には重たい食事をお休みして、オーシャンブルーの新鮮なシーフードや、キャグニーズステーキハウスから赤身のお肉はいかがですか。また、ビュッフェならフレッシュなガーデンサラダやみずみずしいフルーツがたっぷり食べられます。

2.階段を利用する

クルーズ中も階段を使って体を動かしましょう。

ステアマスター(マシン)ではなく、本物の階段があります。 船内のいたる所でアクティビティが開催され、たくさんのデッキがありますから、階段を使えばかなりの運動になるのではないでしょうか。 健康に良いだけではなく、エレベーター待ちのいらいらからも解放されるという利点もあります。

3.ジムとフィットネスクラス

ジムとフィットネスクラスを利用してクルーズ中も健康維持

運動したいと思ったら、最新式のジムやフィットネスクラスへどうぞ。良い汗をかけます。 一人でワークアウトがしたい場合は、早朝または夕方遅い時間なら混み合うこともありません。 フィットネスクラスがお好みなら、屋外ヨガやピラテス、スピン、ズンバ、ボディスカルプト ブートキャンプなどにもトライしてみましょう。 フィットネスクラスの時間割はフリースタイル デイリー(Freestyle Daily)に掲載されています。

4.フィットネスセミナー

フィットネスセミナーは、プールサイドでのんびりしてからディナーを待つまでの時間にぴったりのアクティビティです。 やる気を上手に引き出し、親身に指導をしてくれるトレーナーのもと、小中規模のグループで行うセミナーです。一般的なセミナーでは何らかの購入を勧めるものも多数ですが、ここではそのようなことはありません。 「代謝をより活性化させる」「デトックス」などのセミナーに参加してクルーズ中に試すとともに、役立つヒントを学ぶことができます。 クルーズ中のセミナーの予定はフリースタイル デイリー(Freestyle Daily)に掲載されています。

5.ランニングトラック

屋外でのランニングはこの上ないリフレッシュの方法ですが、これに息を呑むようなオーシャンビューと潮風が加わればもう最強です。 ランニング、ジョギング、ゆったりとウォーキングまで楽しめるランニングトラックを利用しない手はありません。

6.ザ・ウォーターフロント

ザ・ウォーターフロントでクルーズ中にウォーキングを楽しむ

ランニングトラックだけではありません。 ザ・ウォーターフロントでの景色もまた格別です。 全長4分の1マイルのオーシャンフロントプロムナードは、海とレストラン、バー、ショッピングエリアに通じています。 また、ドルチェジェラートでジェラートはいかがですか?

7.ホワイトホットパーティー

ホワイトホットパーティーでエネルギーを発散

ホワイトホットパーティーは洋上で最もホットなイベントというだけでなく、かなりのカロリー消費も見込めるパーティーです。 選り抜きのDJがセレクトする音楽にのせて、ダンスを楽しみながら汗をかくことができます。 グローパーティー、ノルウェージャンナイトアウト、セイルアウェイパーティーやサルサクラスなど、その他イベントについてはフリースタイル デイリー(Freestyle Daily)をご確認ください。

8. スポーツ複合施設

ザ・プランクなど、ノルウェージャンクルーズラインのスポーツ複合施設で洋上でも運動を楽しむ

スポーツ複合施設で新しいゴールに挑戦してみませんか。 バスケットコート、複数階層構造のロープコース、ミニゴルフ、そして私のお気に入りのザ・プランク(客船の横から突き出た8フィートのロープコース)を揃えた施設です。 ここなら、きっと良い汗を流すことができます。

9.アクアパークのウォータースライダー

ノルウェージャンクルーズラインのアクアパークでクルーズ中に運動する

カロリーを大量に消費できるとは限りませんが、アドレナリンは放出され、階段を使うことで血行が良くなります。 スリルを求める方には、ブレイクアウェイおよびブレイクアウェイプラス クラスの客船でフリーフォールがおすすめです。 洋上最速のウォータースライドとの異名をもつこの設備では、4Gの力がかかる垂直落下を体感できます。

10. 寄港地観光ツアー

エイと泳ぐ体験など寄港地観光ツアーでクルーズ中も活動的に過ごす

アクティブなライフスタイルを陸上でも楽しみましょう。 寄港地観光ツアーに参加すれば、運動しながら港町を散策できます。 オフロードでのATV体験、ビーチでの乗馬、美しい街でのウォーキングツアー、アカエイとのシュノーケリング体験など、クルーズバケーションのアクティビティは充実しています。

最近の記事

投稿者について

中国系アメリカ人二世として、ジェニファーにとり文化の橋渡しは当たり前のことでした。 子供の頃、何度も中国に旅行したことで火がついた旅行熱は、現在も冷めることがありません。 中国の他にもヨーロッパ全土を歩き、今は次に訪れる目的地を検討中です。 海外では、現地のこと、特に食べ物について知ることが大好きです。

トップへ戻る