パゴパゴ

米領サモア

クルーズで行く パゴパゴ

海派の方も山派の方も、パゴパゴを訪れたなら至るところで忘れがたい美しい風景に出くわすことでしょう。また、この島のエメラルド色の海にはクジラ、ネズミイルカ、ウミガメも多数生息しています。 起伏の多い山々を覆う熱帯雨林は、見事な緑の帯を描き出しています。 この島を散策すれば、地元住民の生活の中に今も根強く残るポリネシアの文化や伝統が感じられることでしょう。

お役に立つ情報

  • 港名&停泊地
    パゴパゴクルーズ港
  • タイムゾーン
    SST サモア標準時 UTC/GMT -11時間
  • 言語
    公用語はサモア語と英語です。
  • 通貨&ショッピング
    公式通貨は米ドル(USD)です。
    • 最適な移動手段
      寄港地観光ツアー
    • 豆知識 その1
      ザ・ロックとしても知られている、俳優であり、かつてレスリング界におけるスターであったドウェイン・ジョンソンには、サモアの血も流れています。 彼の母は、サモアの王族の一員です。
    • グルメの豆知識
      アメリカ領サモアでは、カヴァという飲み物が一般的に消費されています。その主な材料は水と胡椒の根の粉末で、主にリラックスするために飲まれています。
    • 豆知識:ランドマーク
      アメリカンサモア国立公園は、南太平洋地域の島々の熱帯雨林を保護する目的でつくられました。

Featured Pago Pago クルーズ航程

お気に入りに追加しました。
お気に入りの保存やシェアにはログインが必要です。
ログイン
美しいボラボラ島の白砂のビーチでリラックス。

南太平洋クルーズ 17日間 パペーテ発

ノルウェージャン ジュエルで南太平洋の見どころをお楽しみください。
客船 ノルウェージャン ジュエル
寄航地 乗船 パペーテ (タヒチ);
ライアテア (仏領ポリネシア); ボラボラ島 (仏領ポリネシア); パゴパゴ (米領サモア); ラウトカ (フィジー); スバ (フィジー); ポートビラ (バヌアツ); ヌメア (ニューカレドニア); リフー (ニューカレドニア);
下船 シドニー (オーストラリア);
パーフェクトなクルーズバケーションの計画をお手伝いします。
+852 2165 6000