特別なお手伝いが必要なお客様向けの重要な情報

フリースタイル クルージングの楽しさと興奮を皆様にも味わっていただきたいと思います。 お客様がご自身のやり方でクルーズを楽しめるよう、私どもが全力でお手伝いをさせていただいているのはそのためです。

その目標を達成するため、 ノルウェージャンクルーズラインではアクセス可能な船旅のための専用フリーダイヤルを通じてお客様のニーズに対応する、特別トレーニングを受けたクルーズ専門家グループが待機しております +852 2165 6000)。 ノルウェージャンクルーズラインのアクセスコーディネーターのチームは、 特別なお手伝いが必要なお客様にも可能な限り安全でアクセス可能なクルーズを提供するというノルウェージャンクルーズラインの使命をさらに前進させてきた経験があります。 アクセスデスクのコーディネーターに、必要なサポートの内容やクルーズに関するご希望をお伝えください。 お客様のニーズに応えるため、事前にアクセスデスクを通じて客室に関する特別なリクエストのフォームをご提出ください。確認後、お客様または旅行代理店にご連絡を差し上げます。ノルウェージャンクルーズラインには、お客様のあらゆるニーズについての主要な窓口であるアクセスオフィサーが常駐しています。

お客様にクルーズを最大限お楽しみいただくため、当社はお客様の特別なニーズにお応えいたしております。+852 2165 6000(音声)までお電話いただくか、(305) 468-2171までファックスを送信していたくか、あるいはまでEメールでご連絡ください。あるいは旅行代理店に連絡を依頼することもできます。

特別なサポートレベルとサポートの種類

困難や障がいを抱える方々は一人ひとり異なり、必要なサポートについてはご自身が一番よくわかっていらっしゃいます。 ノルウェージャンクルーズラインには、クルーズ前とクルーズ中のお客様の質問にお答えし、ノルウェージャンクルーズラインでの旅に関連して起こるあらゆる問題を解決するための専門スタッフが常駐しております。また、システムの中央には社内問題解決スタッフがおり、船舶内の担当者に24時間体制で電話対応しております。 サポート内容が十分でなかったり過剰であったりする場合はお知らせください。

フリースタイル クルージングの楽しさと興奮を皆様にも味わっていただきたいと思います。 お客様がご自身のやり方でクルーズを楽しめるよう、私どもが全力でお手伝いをさせていただいているのはそのためです。

クルーズ前とクルーズ中をお手伝いする特別サポートコーディネーター

ノルウェージャンクルーズラインには、ステートルームのご予約時からクルーズを通して、お客様ごとのニーズをサポートするよう訓練を受けたスタッフによる専門チームが常駐しております。

クルーズ前とクルーズ中をお手伝いする特別サポートコーディネーター

ノルウェージャンクルーズラインには、クルーズ中、さらにはクルーズ後までお体の不自由なお客様やその他の問題をお持ちのお客様をサポートする経験豊富な専門チームが常駐しております。

アクセスデスク

予約部門では、アクセシビリティ専用のフリーダイヤル(+852 2165 6000(音声)を通じて、専門のチームがお客様の旅をサポートします。 ノルウェージャンクルーズラインのポリシーと業務手順に則り特別に訓練を受けたスタッフが、お客様からの特別リクエストのフォームを受け取った後、そのサービスリクエストに基づく情報を予約に書き込み、お客様のニーズにクルーズスタッフが対処できるよう準備いたします。 アクセスデスクのスタッフが、寄港地観光ツアーまでの往復の移動、ステートルームおよびその他あらゆることに関してお客様がお持ちのご希望やニーズなどをご説明をさせていただきます。

船内

乗船されましたら、お客様が直接、あるいは旅行代理店を通じてノルウェージャンクルーズラインに提出されましたすべての情報を把握したスタッフと面会していただきます。 スタッフはクルーズの間中お客様のニーズに対応いたします。 ノルウェージャンクルーズラインには、お客様のあらゆるニーズについての主要な窓口であるアクセスオフィサーが常駐しております。 また、システムの中央には社内問題解決スタッフがおり、船舶内の担当者に24時間体制で電話対応しております。

事前通知必須

お客様のニーズがどのようなものであっても、ノルウェージャンクルーズラインは快適な旅のためにできる限りの対応をいたします。 ただし、お客様をお迎えするためある程度の準備期間が必要です。 クルーズの前にできるだけ早くアクセスデスクにご連絡くださいますようお願いいたします。通訳を手配する場合は最低90日、その他の要件の場合は最低45日必要です。

お客様のニーズに関しては事前にいただく情報が多いほど、クルーズ中にはより決め細やかなサービス対応が可能となります。 他のお客様には十分でも、特別なニーズをお持ちのお客様には不十分な場合も考えられます。 お客様のニーズはご自身が一番よくご存じです。こちらで勝手に推測するのではなく、それを事前に伝えていただければクルーズをより楽しむことができます。 クルーズ中お客様のニーズにはできる限り対応できるよう尽力いたしますが、客船による船旅という性質により、事前にお知らせいただいていない場合は、お客様が必要なサービスを提供できない場合もございます。

限られた条件の中(船中または寄港地)では、補助器具やサービスが提供されていても、障がいのお持ちのお客様が特定の安全およびその他の基準を満たすことができない場合などは、他の移動手配を行っていただくようお願いする可能性もあります。 基本的なニーズ(着替え、食事、安全ドリルへの出席)を満たすことが不可能なお客様については、必ずその能力を備えた方の同行が必要です。 スクーターの持ち込み予定など、特別な医療、身体、その他の要件をできるだけ早い段階でお知らせしていただく必要があります。

お客様のための特別なサポートを事前手配することにより、クルーズをより円滑にお楽しみいただけます。 無料のアクセスデスク番号 (+852 2165 6000) または旅行代理店を通じて、予約時のお客様の特別なニーズを把握した時点でサポートが手配されます。

移動が困難なお客様

ご自身で歩行が不可能なお客様については、乗船・降船時の移動補助として主に車椅子、スクーターまたは歩行器をご利用いただく場合があります。 ノルウェージャンクルーズライン船内に準備している車椅子の台数には限りがあります。   通常通り車椅子をご利用になる必要がある場合、ご自身のものを携行されるか、あるいは「スペシャル・ニーズ・アット・シー」を通してレンタルされることを強くお勧めします。船内の車椅子は緊急時のレンタル手配用であり、先着順にご利用いただけます。

全客船に車いすでアクセス可能なステートルームをご用意しています。 空室には限りがありますので、できるだけ早めの事前予約をお勧めします。 車椅子対応のステートルームは、横幅の広いドア、車椅子が乗り入れ可能なシャワーブース、シャワーベンチ、位置の高いトイレ、シャワーとトイレ部分にハンドレールが完備されています。

電動式車椅子とスクーターは、ゲル電池式であれば船内のバリアフリー対応ステートルームでご利用になれます。充電器は110ボルト対応のものである必要があります。 バリアフリー対応表示のないステートルームをご選択の場合、折りたたみ式の車椅子を携行していただく必要があります。電動式の車椅子やスクーターをお持ちの場合は、ステートルームのドアを通過できるよう幅が26未満のものである必要があります。 すべてのスクーターと車椅子はステートルームに保管いただく必要があります。 SOLAが規定する安全性と避難経路の要件により、廊下、階段、その他の公共エリアには保管できません。 ビーチ用の車椅子は、ノルウェージャンクルーズラインのプライベートアイランドでレンタルしていただけます。

事前手配のレンタルプログラムに関する詳細については、認可されている業者にお問い合わせください。

**ノルウェージャンクルーズラインの客船では「スペシャル・ニーズ・アット・シー」のみご利用可能です。他の会社はご利用いただけません。

海上での特別なニーズ

電話:(通話料無料)800-513-4515 or 954-585-0575

Fax: 954-585-0577

www.specialneedsatsea.com

http://www.specialneedsatsea.com/index.cfm/about-us/cruise-lines/norwegian-cruise-line/

船舶移動および寄港地観光ツアーの施設

船舶移動&テンダーボート

テンダ―ボートや舷門など特定の船舶移動の場合、希望しても車椅子またはスクーターが完全には使用できず、寄港地に到達できないことがあることをご了承いただく必要があります。 船が停泊できない場合、お客様はテンダーボートという小型ボートで上陸します。 停泊中、あるいは補給船移動中、移動が困難なお客様は乗船及び下船しづらい場合がございます。 ご注意:スクーターおよび車椅子のお客様、体重が100ポンド以上のお客様は、客船からテンダーボートへの移動、および/またはテンダーボートから陸地まで移動していただくことができません。

寄港地観光ツアー

寄港地観光ツアーの施設によっては、移動が困難なお客様に完全に対応できない場合もございます。 米国内の会社については寄港地観光ツアーをアクセス可能にできるよう尽力させていただきますが、すべての施設がお体のご不自由なお客様にご利用いただけるとは保証いたしかねます。 さらに、国外の寄港地での観光ツアーでは障がいをお持ちのお客様に不便をおかけする可能性がございます。 寄港地観光ツアーなど、アクセシビリティに関する最新の詳しい情報の確認のため、旅行前にアクセスデスク +852 2165 6000) へのお問い合わせをお勧めいたします。

ご利用いただけるアメニティおよびサービス内容:

  • クルーズ中のアクセシビリティニーズを確認するための乗船日のスタッフメンバーとのミーティング
  • トイレ内のつかまり棒、高いベッド、クローゼット内の調整可能なバー、シャワーシート、特別幅のドアが設けられた、車椅子対応のステートルーム(客室数には限りがあります)
  • 船内でレンタル可能な車椅子
  • ノルウェージャンクルーズラインにはプールリフトを設置しております
  • ノルウェージャンクルーズラインの客船には、さまざまな公共エリアにバリアフリーのトイレを設置しております。
  • 出航から15日前までにアクセスデスクにお知らせいただければ、すべての米国内の寄港地でアクセス可能な客船までの往復移動手段を手配させていただきます。
  • アクセスデスクでは、寄港地観光ツアーへのアクセスに関する具体的な最新情報を事前にご入手いただけます。

その他の情報については、電話 +852 2165 6000(音声)まで電話、ファックス (305) 468-2171、またEメールaccessdesk@ncl.comでご連絡いただくか、あるいは旅行代理店を通してお問い合わせください。

聴覚障害をお持ちのお客様

ノルウェージャンクルーズラインでは、聴覚障害をお持ちのお客様に楽しいクルーズを提供できるよう全力を尽くしており、フリースタイルクルーズ中も聴覚障害をお持ちのお客様をサポートするためのサービスをご用意できるよう努めてまいります。 聴覚障害をお持ちのお客様は、クルーズの前に特別なニーズについて相談できるよう、事前にアクセスデスクに連絡していただくようお願い申し上げます。 お客様のニーズは一人ひとり異なり、クルーズの前にはさまざまなオプションをお選びいただくことができます。

その他の情報については、電話 +852 2165 6000(音声)まで電話、ファックス (305) 468-2171、またEメールaccessdesk@ncl.comでご連絡いただくか、あるいは旅行代理店を通してお問い合わせください。

ご利用いただけるアメニティおよびサービス内容:

  • クルーズ中のアクセシビリティニーズを確認するための乗船日のスタッフメンバーとのミーティング
  • スカイ サン アンド プライド オブ アメリカでは、ドアがノックされたときや電話が鳴ったとき、また警報が鳴ったときや煙探知機が作動したときにお知らせする視覚-触覚警報システムを含む、聴覚障がいをお持ちのお客様のために特別に設計されたステートルームを完備しています。
  • 客室の配線が固定されている客船については、ドアがノックされたときや電話が鳴ったとき、また警報が鳴ったときや煙探知機が作動したときに知らせる視覚-触覚警報システムを含む携帯用キットをステートルーム内でご利用いただけます。
  • リクエストに応じて聴覚障害をお持ちのお客様に向けた個人および/またはグループの避難訓練を実施します
  • ノルウェージャンクルーズラインの客船すべてで、聴覚障害をお持ちのお客様に船内アナウンスを知らせるためのポケットベルがご利用になれます。同装置のマニュアルは事前のお渡しが可能です。
  • 多くの客船で、ゲストサービスデスクにお問い合わせいただければ、メインシアターで補聴器をご利用いただけます。
  • ステートルームのテレビは字幕付きです。
  • 「新作映画」チャンネルでは字幕付きの映画をお楽しみいただけます。 自宅からDVDを持ち込まれるお客様は、DVDプレーヤーをリクエストいただけます。
  • 意思伝達の主な手段が手話である聴覚障害をお持ちのお客様の場合、手話通訳サービスをご利用いただけます。 アクセスデスクでご入手いただける特別リクエストのフォームにより、予約時にアクセスデスクで手話通訳をリクエストしていただくことができますが、少なくとも出航90日前までのご提出をお願いします。 リクエストは、通訳のスケジュールおよびキャビンのスペースを含むがこれに限定されない、さまざまな要素を考慮して検討されます。 手話通訳サービスは米国から出航/米国に帰港するクルーズでご利用いただけます。クルーズ前にできるだけ早くアクセスデスクにご連絡くださいますようお願いいたします。通訳を手配する場合は最低90日必要です。 出発まで90日を切った時点で通訳をリクエストされた場合、善処はいたしますが手配の保証はできかねます。
  • TTY電話はノルウェージャン スピリット(携帯電話とテキストメッセージを利用)を除くすべての客船でご利用いただけます。 お客様はゲストサービスデスクとテレタイプで通信できるよう、お部屋の電話をTTY電話に交換するようリクエストすることができます。

視覚障害をお持ちのお客様

ノルウェージャンクルーズラインでは、視覚障害をお持ちのお客様が安全でご満足いただける航海をお楽しみいただけるよう、お客様のニーズに合わせてカスタマイズしたサービスをご提供いたします。

その他の情報については、電話 +852 2165 6000(音声)まで電話、ファックス (305) 468-2171、またEメールaccessdesk@ncl.comでご連絡いただくか、あるいは旅行代理店を通してお問い合わせください。

ご利用いただけるアメニティとサービス内容:

  • クルーズ中のアクセシビリティニーズを確認するための乗船日のスタッフメンバーとのミーティング
  • リクエストに応じて船内オリエンテーションツアーを実施いたします
  • 点字/触知標識
  • 介助動物も乗船できますが、クルーズ前にアクセスデスクで手配をしていただく必要があります。

介助犬

ノルウェージャンクルーズラインは、特定の目的のための訓練を受けた介助犬を受け入れております。 介助犬は、米国障害者法 (ADA) ガイドラインで認められたさまざまな条件下で必要とされます。

ADA に従い、ノルウェージャンクルーズラインは「感情的サポート」用の犬は介助犬としては受け入れておりません。

  • お客様には、狂犬病を含む最新の注射歴を含む犬の最新の予防接種記録ワクチン記録と、USDA または国際健康診断書を提出していただく必要があります。
  • 特別な要件に応じて、全寄航港に確認を取ることはお客様の責任となります。 介助犬のためのすべてのペットフード、薬品、および救命胴衣はお客様ご自身でお持ち込みいただく必要があります。
  • 砂場はご用意しております。

介助犬をお連れのお客様は、各寄航港に確認を取り、ノルウェージャンクルーズラインにすべての必要書類を提出するため、少なくとも 2 週間前までにご予約いただく必要があります。

その他の情報については、電話 +852 2165 6000(音声)まで電話、ファックス (305) 468-2171、またEメールaccessdesk@ncl.comでご連絡いただくか、あるいは旅行代理店を通してお問い合わせください。

その他のニーズまたは困難

ノルウェージャンクルーズラインは、医療上または感情的、またその他の困難をお持ちのお客様をフリースタイル クルージングに歓迎いたします。 まだお伝えになっていないニーズがございましたら、アクセスデスクまでご連絡ください。お客様の特別なニーズまたはリクエストをお聞きし、ノルウェージャンクルーズラインのポリシーと手順について説明をさせていただきます。 電話 +852 2165 6000(音声)まで電話、ファックス (305) 468-2171、あるいはEメールaccessdesk@ncl.comでご連絡いただくか、旅行代理店を通してお問い合わせください。

障がいをお持ちのお子様

ノルウェージャンクルーズラインは障がいをお持ちのお子様も大歓迎です。 アクセスデスクにお電話いただければ、障がいをお持ちのお子様に関するノルウェージャンクルーズラインのポリシーと業務手順、さらにはお子様の船旅を安全、楽しく快適なものにするためのお手伝いについて説明をさせていただきます。

認知、知的、および発達障がい

自閉症、脳性まひ、ダウン症およびアルツハイマーなど、認知、知的および発達障がいをお持ちのお客様については、アクセスデスクまでご連絡ください。 リクエストに応じて、クルーズ中の特別なニーズにはできる限り対応させていただきます。例:

  • 乗船および下船のお手伝い

特別な医療食事制限および糖尿病

食物アレルギーをお持ちのお客様はアクセスデスクまでご連絡ください。クルーズ前に、お客様の特別な食事と具体的なアレルギーに関するノルウェージャンクルーズラインのポリシーと手順を説明させていただきます。 船舶は世界中を航海します。国により、特定の食物アレルギーに対応しやすい国、またそうでない国があります。 お食事について特別なリクエストは、少なくとも出航の45日前までにお申し込みください。 45日前より後に申し込まれたリクエストについては、対応が保証できませんのでご了承ください。 リクエストに応じて、特定の医療食事制限に従った無糖かつ減塩食をご用意いたします。 インスリンの保管用に、多くのステートルームに備え付けの冷蔵庫があります。

透析

持続的携帯型腹膜透析が必要なお客様も歓迎いたします。 ただし、ノルウェージャンクルーズラインには血液透析治療に対応するための設備はございません。 腹膜透析を使用されているお客様には、出航当日出航最低 2 時間前までに透析に必要なすべての薬剤と設備を配送するよう手配していただく必要があります。 ノルウェージャンクルーズラインのポリシーと業務手順については、クルーズの前にアクセスデスクまでお問い合わせください。

酸素

この客船では、船内のメディカルセンターによる緊急時のサービス以外これらのサービスを提供しておりません。 安全上の理由により、唯一の外部業者であるSpecial Needs at Seaに客船まで酸素を配送することを許可しています。 これにより船内で呼吸器系の問題が発生した場合にも対応できます。

海上での特別なニーズ

電話:(通話料無料)800-513-4515 or 954-585-0575

Fax: 954-585-0577

www.specialneedsatsea.com

http://www.specialneedsatsea.com/index.cfm/about-us/cruise-lines/norwegian-cruise-line/

ただし、ご自宅から酸素や酸素吸入器具をお持ち込みになることはできます。 クルーズ中に酸素が必要なお客様は、出航前にアクセス&コンプライアンス部門までご連絡ください。 ノルウェージャンクルーズライン船内で液体酸素の使用は禁じられています。

すべてのお客様の安全のため、Special Needs at Sea以外の会社からの酸素および/または酸素吸入設備の配送は許可されていません。

妊娠

ノルウェージャンクルーズラインによる旅行完了時に妊娠24週目に入るお客様はご乗船いただくことができません。 妊娠中のお客様の主治医から、出産予定日と健康状態を証明する書類(レターヘッド付きの書類が必要)をノルウェージャンクルーズラインのアクセスデスクまで送付していただく必要があります。 ノルウェージャンクルーズラインはクルーズ中に発生する可能性のある妊娠に関する合併症については一切責任を負いかねますのでご了承ください。

2016-2018 テンダーボートを利用する港

テンダーボートを利用する港:

アラスカ、カナダ、米国太平洋岸、ニューイングランド

  • アストリア、オレゴン*
  • バー・ハーバー、メイン
  • カタリナ島、カリフォルニア州
  • シャーロットタウン、プリンスエドワード島*
  • ガスペジー、ケベック
  • アイシー海峡、アラスカ*
  • ジュノー、アラスカ*
  • ケチカン、アラスカ*
  • ニューポート、ロードアイランド
  • ロックランド、メイン州
  • サグネ、カナダ*
  • シトカ、アラスカ*
  • シドニー、ノバスコシア*

カリブ海、メキシコ&パナマ運河

  • ベリーズ、ベリーズシティ
  • バセテール、セントキッツ島*
  • カボサンルーカス、メキシコ
  • コスメル、メキシコ*
  • ジョージタウン、グランドケイマン
  • グレートスターラップケイ、バハマ
  • グスタビア、セントバーツ
  • ハーベストケイ、ベリーズ*
  • キーウェスト、フロリダ*
  • マンザニーロ、メキシコ
  • オーチョリオス、ジャマイカ*
  • プエルトバジャルタ、メキシコ*
  • ロアタン島、ベイ諸島、ホンジュラス*
  • ロゾー、ドミニカ*
  • サマナ(ドミニカ共和国)
  • サンフアンデルスル、ニカラグア
  • セント トーマス島、米領ヴァージン諸島*
  • トルトラ島、英領ヴァージン諸島*

ハワイ

  • コナ、ハワイ島
  • ラハイナ、ハワイ

南米

  • アルテルドション、ブラジル
  • ブジオス、ブラジル
  • グランデ島、ブラジル
  • イリャベラ、ブラジル
  • ポルトヴェーリョ、ブラジル
  • プエルトチャカブコ、チリ
  • プエルトモント、チリ
  • プンタデルエステ、ウルグアイ
  • スタンリー、フォークランド諸島

ヨーロッパ

  • ベルゲン、ノルウェー*
  • カンヌ、フランス
  • コーク(コーブ)、アイルランド*
  • ドゥブロブニク(クロアチア)*
  • エディンバラ(ニューヘブン)、スコットランド
  • ファルマス、イギリス*
  • フロム、ノルウェー*
  • ガイランゲル、ノルウェー*
  • ガーンジー、チャンネル諸島、イギリス
  • ヘレシルト、ノルウェー
  • ヘルシングボリ(スウェーデン)
  • インヴァネス(インバーゴードン)、スコットランド
  • イスタンブール、トルコ*
  • コトル、モンテネグロ*
  • レクネス、ロフォーテン諸島、ノルウェー
  • モンテカルロ、モナコ
  • ミコノス島、ギリシャ
  • ラーウィック(シェトランド諸島)
  • モンテカルロ、モナコ*
  • ミコノス島、ギリシャ*
  • ナポリ、イタリア*
  • オルデン、ノルウェー*
  • ギリシャ、サントリーニ島
  • スプリト、クロアチア*
  • サンマロ、フランス
  • ストックホルム(ニーネスハムン)、スウェーデン*

アジア

  • バリ(ベノア)、インドネシア*
  • ハロン湾、ベトナム
  • サムイ島、タイ
  • コモド島、インドネシア
  • プーケット、タイ*

オーストラリア、ニュージーランド、南太平洋

  • エアリービーチ、オーストラリア
  • アカロア、ニュージーランド
  • アロタウ、パプアニューギニア
  • ボラボラ島、仏領ポリネシア
  • ベイ オブ アイランズ、ニュージーランド
  • ファカラバ、仏領ポリネシア
  • エデン、オーストラリア
  • ジーロング、オーストラリア
  • ギズボーン、ニュージーランド*
  • フアヒネ島、仏領ポリネシア
  • イルデパン、ニューカレドニア
  • カンガルー島、オーストラリア
  • ヌクヒバ島、仏領ポリネシア
  • ランギロア、仏領ポリネシア
  • シドニー、オーストラリア*
  • ウィットサンデー諸島、オーストラリア

* 客船が停泊または投錨する港を示す(状況によって変更)。

ウェブサイトのアクセシビリティに関する方針

ノルウェージャンクルーズラインは、体の不自由な方にも当社が提供する商品やサービス、特典、メリット、客室をご利用いただけるよう完全かつ均等な機会を確保する方針を掲げています。本方針にともない、ノルウェージャンクルーズラインはワールドワイドウェブ・コンソーシアム(W3C)が提案するウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン2.0レベルAA(WCA 2.0 AA)の関連箇所、および州ならびに連邦のアクセシビリティ要件へのコンプライアンスの実施、維持のためアクセシビリティコンサルタントを採用しています。

この取り組みの一環として、当社ではウェブサイトをどなたにでもお使いいただけるよう、常にアクセシビリティの向上に努めています。 当社ウェブサイトを使用について問題があった場合や、使い勝手またはアクセス性の向上に関するご意見、ノルウェージャンクルーズラインのウェブサイトのアクセシビリティに関する取り組みの詳細などのお問い合わせ・ご連絡は、アクセシビリティチームまでEメール(ncladmin@ncl.com)にて承ります。