バルト海クルーズ:ドイツ、ロシア、スウェーデン、フィンランド バルト海クルーズ:ドイツ、ロシア、スウェーデン、フィンランド バルト海クルーズ:ドイツ、ロシア、スウェーデン、フィンランド

9日間のクルーズ  -  ノルウェージャン ゲッタウェイ

バルト海クルーズ:ドイツ、ロシア、スウェーデン、フィンランド

出発地  デンマーク、コペンハーゲン

ヨーロッパの歴史に触れる旅へ、ノルウェージャン ゲッタウェイがお連れします。 タリンの歴史あふれる旧市街を歩き、郊外まで足を伸ばして13世紀に造られたラクヴェレ城を訪れます。 サンクトペテルブルクで停泊する際には、エルミタージュ美術館を訪れたり、ペテルゴフ宮殿で壮麗な建物や美しい庭園、豪奢な噴水を見つつ散策したりと、この街をじっくりお楽しみください。 ストックホルムでは、勇猛な戦士として名を轟かせたバイキングの暮らしを垣間見ることのできるバイキング博物館をツアーで見学。その後、市内に点在する史跡のいくつかをめぐります。
  • /sites/default/files/overnight-blue.svg
    サンクトペテルブルクに1泊します。
  • <!-- mp_trans_disable_start 217 -->/sites/default/files/calendar-blue.svg<!-- mp_trans_disable_end 217 -->
    クルーズ中ほぼ毎日、新しい港を訪れます。
##PRICE##
今すぐ
##PRICE##
お一人様あたり/米ドル
  • + 税、手数料、港湾諸経費189.44米ドル
9日間。6つの港。1つの素晴らしいバケーション。
11つのクルーズ日程をご用意してお待ちしております。
寄航港
コペンハーゲン、デンマーク
  • /sites/default/files/CPH_50_CastlesofNorthZealand.jpg

デンマークの首都コペンハーゲンには、運河や石畳の広場、銅の尖塔が数多くあります。 けれどもその魅力は歴史的な外観だけではありません。 コペンハーゲンは、スカンジナビアで最も国際的な都市でもあります。 バルト諸国を巡るクルーズの前に、ラテンクォーターで中世の時代にタイムトリップした気分を味わえるのはもちろん、ヨーロッパ有数のショッピング街、美術館、カフェ、ナイトスポットなどもお楽しみいただけます。 ヨーロッパクルーズでコペンハーゲンをもっと探索しましょう!

寄航港
ベルリン(ヴァーネミュンデ)
  • /sites/default/files/WAR_01_BerlinFromAllSides-1.jpg

ベルリンの壁の崩壊から20年以上が経った現在、ベルリンは共通の幸せを追求する、あらゆる面で統一された都市となりました。 ドイツの首都ベルリンは、創造性とクールさをたたえたリベラルな空気が流れる、国際的で調和のとれた街です。 この都市のシンボル的建造物は、ブランデンブルク門と国会議事堂です。 優雅なバイエルン地区では、その魅力を堪能しましょう。

寄航港
タリン、エストニア
  • /sites/default/files/TLL_24_UpperTownAndRoccaAlMare.jpg

エストニアの首都タリンは中世の家々やとても現代的なブティック、カフェ文化が入り交じり、奥深い魅力のある街です。 旧市街を散策して、トームペア城や15世紀から続く老舗薬屋など、中世の歴史的建造物の数々を満喫してください。 数世紀遡る見どころとしては、ピョートル大帝のカドリオルグ宮殿があります。宮殿内では芸術品の数々を鑑賞したり、一歩外に出て彫刻庭園と穏やかな森林地帯を散策するのもよいでしょう。

寄航港
サンクトペテルブルク、ロシア
  • /sites/default/files/LED_12_TheHermitageAndSpilledBlood-4.jpg

ピョートル大帝によって建都されたサンクトペテルブルクは、壮大な建造物、チャイコフスキーのオペラ、キエフバレエに代表されるロシアの文化の中心地として何世紀にもわたり栄えてきました。 数十年におよぶ歴史的変化を経た今でも、「北のベニス」と呼ばれるこの街は、クルーズの目的地としてまばゆいほどの魅力を放っています。ヨーロッパの雰囲気が漂うこのロシアの都市には、200以上もの美術館とヨーロッパ最大の英国式庭園があります。

ご注意:お客様、乗組員、訪れるコミュニティの安全とセキュリティは当社にとって第一の優先事項です。 ロシアとウクライナの情勢の悪化により、当社は2022のクルーズの航程を変更し、ロシアのサンクトペテルブルクを寄港地から外すことを決定しました。

寄航港
サンクトペテルブルク、ロシア
  • /sites/default/files/LED_12_TheHermitageAndSpilledBlood-4.jpg

ピョートル大帝によって建都されたサンクトペテルブルクは、壮大な建造物、チャイコフスキーのオペラ、キエフバレエに代表されるロシアの文化の中心地として何世紀にもわたり栄えてきました。 数十年におよぶ歴史的変化を経た今でも、「北のベニス」と呼ばれるこの街は、クルーズの目的地としてまばゆいほどの魅力を放っています。ヨーロッパの雰囲気が漂うこのロシアの都市には、200以上もの美術館とヨーロッパ最大の英国式庭園があります。

ご注意:お客様、乗組員、訪れるコミュニティの安全とセキュリティは当社にとって第一の優先事項です。 ロシアとウクライナの情勢の悪化により、当社は2022のクルーズの航程を変更し、ロシアのサンクトペテルブルクを寄港地から外すことを決定しました。

寄航港
ヘルシンキ、フィンランド
  • /sites/default/files/HEL_52_DiscoverHelsinki5.jpg

スカンジナビアの「北の白い都市」と呼ばれるヘルシンキへようこそ。この街は10月から4月までの寒い気候に加え、現地の人々やアールヌーボー建築が有名です。 ヘルシンキは、湾と入り江にふちどられた海岸線が印象的な伝統のある港湾都市です。 ここではまた、歴史的ルーツを今なお維持し続けています。 ヨーロッパクルーズでヘルシンキをもっと探索しましょう!

寄航港
ストックホルム、スウェーデン
  • /sites/default/files/STO.jpg

淡水湖と海が張り巡らされた水路と橋でつながる地形が印象的なストックホルムは、徒歩でも水路のクルージングでも楽しめる街です。 石畳の通りにたたずむ切妻屋根の古い町並みに、港にそびえ立つ17世紀の壮大な宮殿を眺めましょう。 ヨーロッパクルーズでストックホルムをもっと体験!

寄航港
コペンハーゲン、デンマーク
  • /sites/default/files/CPH_50_CastlesofNorthZealand.jpg

デンマークの首都コペンハーゲンには、運河や石畳の広場、銅の尖塔が数多くあります。 けれどもその魅力は歴史的な外観だけではありません。 コペンハーゲンは、スカンジナビアで最も国際的な都市でもあります。 バルト諸国を巡るクルーズの前に、ラテンクォーターで中世の時代にタイムトリップした気分を味わえるのはもちろん、ヨーロッパ有数のショッピング街、美術館、カフェ、ナイトスポットなどもお楽しみいただけます。 ヨーロッパクルーズでコペンハーゲンをもっと探索しましょう!

日程と料金