夢のクルーズの体験、ひらめき、そして再び。
ノルウェージャンクルーズライン
オフィシャル旅行ブログ

絵に描いたような美しいビーチ(メキシカンリビエラクルーズ)

おそらく、メキシコ料理の一般的なイメージは誰もがお持ちのことでしょう。 ナチョスやブリトー、人気者のタコスなど、今やメキシカンフードはアメリカの食文化においてハンバーガーに並ぶほどの存在になっています。

しかし、アメリカ版のメキシコ料理が、本物のメキシコ料理からどれだけかけ離れているかをご存知ですか? メキシカンリビエラクルーズでは、メキシコの本当の食の世界を体験することができます。 ここでは、文化への関心と食欲を刺激する、ぜひ食べておきたいメキシコ料理を、ちょっとしたスペイン語レッスンを交えながらご紹介します!

カボサンルーカス

美しい景色が楽しめるカボサンルーカスへのクルーズでは、少し時間を割いて次の地元料理を食べに行ってみてください。

アルメハス・チョコラテス(Almejas Chocolates:チョコレートクラム。貝の一種):実はこれ、チョコレートではありません。 チョコレートというのはその美しい貝殻の色のことなんです。新鮮なアルメハス・チョコラテスの風味は絶品。 レシピもいろいろとあり、どの方法で食べてもおいしいですよ。

マーリン、特にマーリン・アフマド(Marlin Ahumado:スモークド マーリン。マーリンは魚。): 行けば分かりますが、メキシコの各地にこの食材を使ったさまざまな料理があります。特によく食べられている場所がカボサンルーカス。マーリン・タコスはぜひ食べてください。

スモークド マーリン(メキシカンリビエラクルーズ)
タマレス・ファハドス (Tamales fajados)、タマレス・デ・ゲメス (Tamales de Guëmes) :普通はチキンや蒸したトウモロコシが詰まっています。食べて驚く伝統料理です。 Tamales de Guëmesは、ちょっと変わった味が特徴です。メキシコでは牛肉(通常は豚肉)、レーズン、オリーブの実、オリーブ油を使うのが一般的です。 甘くて香りがよく、おいしいです。 (プロからのアドバイス:トウモロコシの皮の部分はお召し上がりにならないように!)

マサトラン

クルーズでマサトランでは、それは見事なビーチが美しい港に広がっているのをご覧いただけます。 メキシカンリビエラクルーズで感じる最高のリラクゼーション、足元に広がる砂、そして美味な一品・・・。そこはもう幸せの世界です。

セビチェ、セビチェ・トスターダ (Ceviche, Ceviche tostada):マサトランにあふれる新鮮な海の幸から生まれる極上のセビチェ。 新鮮な魚をライムとシトラスの果汁で漬け込んだもので、究極のやわらかさとたまらない食感があります。 具たっぷりのトスターダ(平たいタコス)の上に乗せて食べてください。トッピングにはサルサ、グアカモーレ、豆、サワークリームを全部どうぞ。

アグアチレス (Aguachiles):マサトランはメキシコの海老のメッカ。この海老料理はぜひお見逃しなく。 セビチェに似て、生の海老をグリーンチリとライムに漬けたもので、レッドオニオンやキュウリを盛りつけます。 冷たさとフレッシュさがビーチでのおつまみにはぴったりです。

ハマイカ (Jamaica):おそらくメキシコのどこに行っても通りで見かけるのが、たくさんの新鮮なフルーツジュース。なかでも注目はハマイカです。 ハマイカは、ハイビスカスの花を煮たあと、砂糖とライム、フルーツを加えて混ぜて合わせて作ったもので、独特の風味があります。乾いた喉をスカッと潤します。

ジャマイカへのクルーズ

プエルトバジャルタ

クルーズで行くプエルトバジャルタ。その美しい港を見ると、そこが多くの観光客が訪れる魅力的な場所だということに納得できることでしょう。 おいしいものを食べて、地元スポットをエネルギッシュに回りましょう。

ウアチナンゴ・サランデアード (Huachinango zarandeado): 魚のレッドスナッパーをビリア(birria)ペースト(チリ、クミン、オレガノ、ジンジャー)に漬けたあと、網焼きにしたものです。 おそらく、半分に割った魚が骨も入ったままの状態で出てくるので、注意してお召し上がりください。 骨付きは多少食べにくくても、炭火ならではの風味はやはりおいしいものです。 「zarandeado」とは「揺り動かす」というような意味。すみをぐりるにです。

メキシカンリビエラへのクルーズで食べるレッドスナッパー

ペスカード・エンバラサド (Pescado embarazado:妊娠した魚):この料理の名前はは、「en vara asado(串に刺してあぶり焼きにした魚)」にかけた言葉遊びから来ています。大胆なユーモアですよね。 でも、焼いた新鮮な魚が串に刺さっているとは、食べ歩きにもいいと思いませんか? だから、ぜひどうぞ!

トルタス・アオガダス(Tortas ahogadas: おぼれたサンドイッチ):トルタスは非常にさまざまな食べ方ができるため、メキシコや中米でとても重宝されています。 この地域では、トマトとチリで作ったたっぷりのレッドソースに浸して食べます。まさに文字通り「おいしさにおぼれた」サンドイッチです。 スパイシーなので、心配な人はテイクアウトする前にソースを味見してみてください。

メキシカンリビエラクルーズでの食との出会いの秘訣は、外に飛び出してさまざまなものをためしてみることにあります。 クルーズではたくさんのンターテイメントと寄港地観光ツアーが待ち受けています。本格的なメキシコ料理をお腹に入れ、アドベンチャーのためのエネルギーをしっかり補給しましょう!