このウェブサイトではクッキーを利用しています。 本サイトを閲覧することにより、お客様はクッキーの利用に同意したものとみなされます。 詳細はこちらをクリック
ノルウェージャンクルーズライン
メッセージセンター (0)
メッセージセンター (0)
ロード中
送信元メッセージ予約番号日付
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ご予約の期限が切れないうちにどうぞ!
254228811年4月, 2014
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ダイニングを今から予約
254228811年4月, 2014
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ご予約の期限が切れないうちにどうぞ!
254228811年4月, 2014
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ご予約の期限が切れないうちにどうぞ!
254228811年4月, 2014
送信元: ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター送信日: 2014年5月21日件名: ビバレッジパッケージ販売中

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Curabitur sagittis condimentum varius. Mauris eget risus sollicitudin, aliquet ex ut, vehicula urna. In quis ligula cursus, sollicitudin leo eget, congue lacus. Phasellus metus eros, convallis in diam nec, molestie luctus velit. Fusce fermentum nibh odio. Integer convallis velit sit amet arcu aliquam luctus. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Praesent vel lobortis ipsum.

Quisque luctus metus nec placerat cursus. Maecenas faucibus ac nisi vel semper. Duis et sollicitudin ante. Suspendisse feugiat libero in ipsum faucibus, sed eleifend orci pellentesque. Cras maximus ultricies pulvinar. Nullam egestas urna eget mauris interdum, consectetur pretium turpis condimentum. Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Suspendisse ac tellus ultricies, hendrerit neque sit amet, laoreet leo. Donec in pellentesque lectus, vitae consectetur nibh. Mauris eleifend mollis urna. Vestibulum vel imperdiet lacus, ut elementum nisi. Fusce tempus consectetur porttitor. Proin quis ligula vel mauris ultrices consectetur nec at nisi. Donec nec fringilla ipsum. Duis facilisis, justo porttitor elementum luctus, ipsum eros vulputate purus, id condimentum ipsum velit a arcu.

*利用規約
5日未満の航海、またはチャーター航海ではこのオプションはご利用になれません。

夢のクルーズの体験、ひらめき、そして再び。
ノルウェージャンクルーズライン
オフィシャル旅行ブログ

カリブ海クルーズはビーチをはしごするだけと思っていらっしゃる方、それはほんの一部です。 知れば知るほど、寄港地はどこもそのターコイズブルーの海に棲む生き物と同じように、多彩でユニークだということがお分かりいただけるはずです。

火山灰の中にそびえる緑豊かな山々を望む島や地域もあります。 そうかと思えば、潮の満ち引きの中で生活する人々の住む澄んだ浅瀬のある荒れた土地も。 しかしカリブ海に浮かぶ島すべてに共通するのは、多層的な歴史と豊かな文化。西インドの先住民からアフリカ系住民、そしてヨーロッパ植民地時代の影響がそれを物語っています。

ノルウェージャンクルーズラインのカリブ海クルーズでは、どなたにもご満足いただけるようさまざまな航程を取り揃えています。 それぞれの島が持つ独自の特色をよく見てみると、性格当てクイズができあがります。あなたをカリブ海の島に当てはめると?

グルメな方には:

グルメな方には、シント・マールテン/ サンマルタンがおすすめ。 クルーズにお申込みになった理由は、豪華なビュッフェだけではないかもしれませんが、島で最高の手作りチーズが味わえるのはオランダ領側かフランス領側か、と考えずにはいられないはずです。 シント・マールテン(オランダ)とサンマルタン(フランス)という2つの国からなるこの島は、1粒で2度おいしく、グルメな方にとっては夢のような場所なのです。 島を訪れる際はサンマルタンの首都、マリゴに直行を。 地元の市場で調達したサクサクのクロワッサンや絶品のチョコレート、クリーミーなフォアグラは、入り組んだ小道の散策には絶好のお供です。

自然を愛する方には:

セントルシア

セントルシアは自然愛好家にぴったりの場所。 旅の仲間がショッピングやカジノ、ギャラリーやカフェを満喫している間、カリブ海の偉大なる自然を待ち焦がれてはいませんか。 そんな自然を愛する方なら、セントルシアの雄大な風景には心から圧倒されることでしょう。 島の目玉であるピトンは、2,000フィートの高さを誇る双子山です。 でこぼこ道の火山(車で通り抜けましょう!)、緑豊かな森、頭上高くから流れ落ちる滝など自然の宝庫です。 海に潜れば、そこはリーフダイブ天国。アンセチャスタネットのビーチには、素晴らしいシュノーケリングスポットも数多くあります。 どこへ行くにしても、カメラと双眼鏡をお忘れなく。セントルシア島の虹色のオウムをぜひ探してみてください。 バケーションの思い出の瞬間になるはずです!

歴史に興味のある方には:

プエルトリコこそが、クルーズの一番の目玉になるでしょう。 ウォーターパークで最新のジェットコースターに乗るより、石畳の古い路地を散策したり、有名な要塞を訪れたりといったことに興味がおありですか。 そんな歴史好きな方には、オールドサンフアンがおすすめ。有名な探検家やスペイン人開拓者の足跡を辿ってみましょう。 昔のままの姿を留める8ブロックに渡る区域は、ユネスコの世界遺産に登録されています。 有名なサンクリストバル要塞やコロン広場、ラスアメリカス博物館を訪れるのもお忘れなく。

冒険家の方には:

Zipline Across the Jungle on a Cruise to Jamaica

ハロー、ジャマイカ!海岸での日光浴は男らしくないなんて思っていませんか。 大きな海や河を目の前にすれば、人間はそれを越えていくいろいろな方法を考え出すものです。 滝は登っていくため、そして川は下っていくためにあるようなジャマイカでは、冒険心が刺激されること間違いなし。 オーチョリオスではどちらも体験できるほか、山々や川、ビーチ、そして森など島独特の自然をうまく活用した大胆なアクティビティを数多く取り揃えています。

島の自然スポットのなかでも、断トツの知名度を誇るダンズフォールもお忘れなく。 かなり大きな滝ですが、上まで登ることができます。 それとも、激流での川下りはいかがですか。ホワイトリバーバレーでは、チュービングのアクティビティをいくつかご用意しています。 川下りと森でのラぺリングを組み合わせることもできるので、一石二鳥です。

ビーチ好きな方には:

トルトラ島でのシュノーケリング

バージン諸島を独り占め! カリブ海クルーズの最大の魅力は世界有数のビーチ、というのは誰でも知っています。 日光浴をしたり、泳いだり、リラックスしたり。そんなバケーションをお望みの方は、正真正銘のビーチ大好き人間と胸を張って言えるはずです。

米領・英領ヴァージン諸島にバケーションに来る理由はただ一つ。 ふかふかの真白な砂浜に、どこまでも透き通った青い海をたたえるビーチです。 カタマランボートでセントジョンズをぜひ訪れてみてください。シュノーケリングやヤシの木の下でのお昼寝が楽しめます。 シャンパンやチーズ、そして果物はこちらでご用意。 人生において実に単純な幸せを、目一杯楽しめることは大変な才能です。そして、あなたには十分その資質があるはずです!