アフリカクルーズ ドバイ着:南アフリカ、セーシェル、マダガスカル アフリカクルーズ ドバイ着:南アフリカ、セーシェル、マダガスカル アフリカクルーズ ドバイ着:南アフリカ、セーシェル、マダガスカル

18日間のクルーズ  -  ノルウェージャン ジェイド

アフリカクルーズ ドバイ着:南アフリカ、セーシェル、マダガスカル

出発地 ケープタウン、南アフリカ

ずっと心に残る18日間の旅へ、ノルウェージャンクルーズラインがお連れします。 自然が大好きな方は、絶句するほど美しい南アフリカのリチャーズベイにあるアルカンストランド ビーチに行けば、日光浴や海水浴が楽しめます。 マダガスカル沿岸のポワント デ ガレでは、その壮大な自然が人々を魅了します。 鬱蒼とした雨林を散歩したり、海に飛び込んでサンゴ礁を探索したり。 ラディーグ島では、セーシェル国立植物園で動物や植物に触れてみましょう。
  • /sites/default/files/ship-blue.svg
    全面改装を行ったノルウェージャン ジェイドをぜひご覧ください。
  • /sites/default/files/ship-blue.svg
    洋上で最高のエンターテイメントと素晴らしい食事をお楽しみください。
##PRICE##
今すぐ
##PRICE##
お一人様あたり/米ドル
  • + 税、手数料、港湾諸経費189.03米ドル
18日間。12つの港。1つの素晴らしいバケーション。
寄航港
ケープタウン、南アフリカ
  • /sites/default/files/MI.CPT_881x400.jpg

ケープタウンは南アフリカの首都であり、同国で最も活気ある都市のひとつです。 テーブルマウンテンの頂上では、周囲の街や港の壮大な景色が一望できます。 ロベン島ではネルソン・マンデラを収監していた、あの悪名高い刑務所の跡地を訪れます。 カーステンボッシュ国立植物園では、手入れの行き届いた芝生や美しい森を散策してみましょう。 その後は、V&Aウォーターフロントでショッピングとエンターテイメントをお楽しみください。

寄航港
モッセルベイ、南アフリカ
  • /sites/default/files/881x400-mossel-bay.jpg

サザンケープ沿いに位置するモッセルベイは、南アフリカ有数の観光地のひとつです。 サントスビーチの砂に足を踏み入れたり、19世紀に建造されたケープセントブレイズ灯台までの道を辿って周辺の壮大な眺めを満喫したり。 遺跡「ポイント オブ ヒューマン オリジン」では人類の誕生について学んでみましょう。 続いて、バルトロメウ ディアス博物館で比較的新しい文化遺産に触れてみてください。

寄航港
ポートエリザベス(グェベーハ)、南アフリカ
  • /sites/default/files/881x400_port-elizabeth.jpg

ポートエリザベス(グェベーハ)は南アフリカ有数の大都市で、「フレンドリーシティ」の愛称で親しまれています。美しいキングスビーチでリラックスしたり、クラッハ カマ ゲーム パーク自然保護区で大型の動物を見つけたりしてお過ごしください。 ドンキン保護区では、南アフリカ イースタンケープの豊かな歴史に触れることができます。 鉄鍋を使って屋外で調理する煮込み料理、ポイキーコースなど地元の味をお楽しみください。

寄航港
リチャーズベイ、南アフリカ
  • /sites/default/files/881x400-richards-bay.jpg

南半球で最も深い天然港にあるリチャーズ ベイは、自然を堪能したい人や文化愛好家の両方にぴったりです。 ウムララジ自然保護区を1日歩いてみれば、南アフリカで滅多に見ることができない鳥、ヤシハゲワシが見られるかもしれません。 アルカンストランド ビーチで日光浴や海水浴をしたり、エンパンゲニ博物館で南アフリカの歴史を学ぶのもいいでしょう。

寄航港
マプト、(モザンビーク)
  • /sites/default/files/Ports_MAP_MW2_881x400.jpg

ポルトガルの要塞を囲む町として18世紀に建設されたマプトは、当初のロレンソ・マルケスという名称から1976年に現在のマプトに改称されました。 モザンビークの首都であり、同国最大の港を持つマプトはまさに文化のるつぼ。その多様性は、この街にあるさまざまな国のレストランからも伺えます。 マプトではこの10年の間に、街の大部分で大規模な改修工事が行われています。 日よけのある歩道のカフェ、豊かなアートシーン、史跡や市場から、街の歴史と現在の活気に満ちた空気を感じることができるでしょう。

寄航港
ノシべ島、マダガスカル
  • /sites/default/files/881x400-nosy-be.jpg

マダガスカルで最も大きく、最も人気の高いスポット、マダガスカル北西に位置する「ビッグアイランド」ことノシベ島をたっぷりお楽しみください。ここは島全土に広がる大自然や地元の産業に欠かせないイランイランの木で有名です。 ルクベ自然保護区を訪れてキツネザルやカメレオンたちと1日を過ごしませんか? 「ラウカ」はバラエティ豊富な地元の料理です。ぜひお試しください。そのほかには、島の最高峰ルクべ山に挑戦したり、ベフォタカベイのビーチでリラックスしてお過ごしください。

寄航港
ビクトリア港、セーシェル
  • /sites/default/files/881x400-victoria-seychelles.jpg

セーシェルの首都ビクトリアは、じっくりと楽しめる街です。 インド洋に浮かぶマヘ島にあるビクトリアは、バニラとココナッツオイルの輸出で知られています。 豊かな植物やオオコウモリなどの動物に恵まれたセーシェル国立植物園を散策してみましょう。 セルウィン クラーク マーケットではショッピングをどうぞ。 郷土料理ラドーブは甘い味付けのものと香辛料を効かせたものがあり、どちらも試してみましょう。 ボー ヴァロン ビーチで日光浴をしたり、ナバサクティ ヴィナヤガル​​​​​​​ ヒンズー教寺院を訪れるのもお勧めです。

寄航港
ビクトリア港、セーシェル
  • /sites/default/files/881x400-victoria-seychelles.jpg

セーシェルの首都ビクトリアは、じっくりと楽しめる街です。 インド洋に浮かぶマヘ島にあるビクトリアは、バニラとココナッツオイルの輸出で知られています。 豊かな植物やオオコウモリなどの動物に恵まれたセーシェル国立植物園を散策してみましょう。 セルウィン クラーク マーケットではショッピングをどうぞ。 郷土料理ラドーブは甘い味付けのものと香辛料を効かせたものがあり、どちらも試してみましょう。 ボー ヴァロン ビーチで日光浴をしたり、ナバサクティ ヴィナヤガル​​​​​​​ ヒンズー教寺院を訪れるのもお勧めです。

寄航港
プララン島、セーシェル
  • /sites/default/files/Ports_PRA_MW_881x400.jpg

かつては海賊の隠れ家だったと語り継がれる、山の多いプララン島。セーシェルで2番目に大きな島であり、太陽の光を浴びるのが好きな人にとって絶好のパラダイスです。 ヤシの木が立ち並ぶ、数多くの手付かずのビーチとターコイズブルーの海は、誰にも邪魔されずにリラックスした時間を過ごすのにぴったり。 島の内陸にある緑豊かなジャングルでは、きっと心躍るような冒険の1日を過ごせます。ウォーターフロントのレストランでは、島での暮らしを食を通じて体験することができます。 ノルウェージャンクルーズラインで行くセーシェルの旅で、素晴らしい生活にどっぷりと浸ってみませんか?

寄航港
マスカット、オマーン
  • /sites/default/files/MCT-LG2-950x320.jpg

コーニッシュに乗ってマスカットを上空から眺め、景色のよいバティナの海岸線を遊覧。 岩山の上に建てられた中世の砦、ナハルフォートからは、山とその下にあるオアシスの絶景が一望できます。 色鮮やかなスルタンの宮殿と、ジャラリ砦、メラニ砦は訪れたい名所。オマーンの文化を体験したいなら、市場や路地の散策が最適です。 市場には、買い物客を誘惑する地元産の美しい銀製のジュエリーやエキゾチックなスパイス、手作りの品々がたくさん並んでいます。

寄航港
ハサブ、オマーン
  • /sites/default/files/ALK-LG2-950x320.jpg

オマーンのムサンダム半島の先端に位置し、その他の地域から孤立しているハサブは「アラビアのノルウェー」とも言われています。 その地質学的変化によって作られたフィヨルドのような美しい入り江や、自然の偉大さが感じられる風景には息を飲むことでしょう。また、澄み切った穏やかな海にはイルカが生息し、ボートに近寄ってくることもよくあります。 この静かな居留地はハッサブ砦といわれる小さな要塞で、このエリアの歴史と伝統について学ぶことができます。

寄航港
アブダビ、アラブ首長国連邦
  • /sites/default/files/ABU-LG2-950x320.jpg

世界で最も裕福な都市には、香りたつアラブコーヒーが味わえる昔ながらの市場「スーク」から、世界最速のローラーコースターのスリルまで、文化と歴史と冒険が豊かに溢れています。 5,000年の時を経たメトロポリスで、現代的な建築と雰囲気満点の裏通りが入り混じる刺激的な光景をご堪能ください。 スークで商人と値引きをめぐって駆け引きをしながら、手工芸品や美術品、自宅で料理に使いたいスパイスやドライフルーツなどのお買い物を楽しみましょう。

寄航港
ドバイ、アラブ首長国連邦
  • /sites/default/files/DBX-LG2-950x320.jpg

ドバイで伝統的なアラブ文化と現代的な西洋文化の融合を体験。 空を仰いで、2,722フィートの世界一の高さを誇る未来的ビル、ブルジュハリファ タワーを見上げたり、大きく美しいジュメイラモスクまで散策をお楽しみください。 旅行通御用達のスポットを探すもよし。ドバイ博物館があり、金やスパイス、織物の市場が迷路のような路地に立ち並ぶ旧市街、ドバイ クリークの中心部を歩いてみるもよし。ここでは、値切り交渉が娯楽として、習慣として盛んに行われます。

日程と料金
  • + 税、手数料、港湾諸経費189.03米ドル
ステートルームおよび客室
専用バルコニーで太陽の光と爽やかな潮風を感じながら一日をスタートする贅沢なひと時。 受賞歴を誇るノルウェージャンクルーズラインの各客船では、お一人様、ファミリー、団体様など、さまざまなお客様のご要望にお応えするコンテンポラリーで快適な客室をご用意しております。
  • クラブバルコニースイート

  • ザ・ヘブン

  • バルコニー

  • インサイド

  • オーシャンビュー

  • スイート

ノルウェージャン ジェイドを体験
これまでで最高のバケーションへようこそ。
  • 初心者向けベストクルーズ
    初心者向けベストクルーズ
  • 2017
    改装
  • 2,402
    2名様1室
ダイニング
どなた様にもご満足いただけるよう、3つのメインダイニングルーム、お好きなものをご自由にお選びいただけるビュッフェ、カジュアルなカフェ、グリル、お持ち帰り用の軽食など、さまざまな無料ダイニングオプションをご用意しています。 さらに、メインダイニングルームでは日替わりのメニューをご用意。シェフ特製料理と選び抜かれたワインなど、訪れるたびに新しい味わいに出会えます。
  • 鉄板焼き

    鉄板焼き

  • アリザー

    アリザー

  • キャグニーズステーキハウス

    キャグニーズステーキハウス

バー&ラウンジ
数多く設置されたバーやラウンジの中から、お気に入りを見つけてください。 新しいビンテージワインを試しながら、美しい海の夕陽をお楽しみください。 腕に自信のあるバーテンダーが作る特製カクテルを試したり、ビールを飲みながら楽しい会話を弾ませたり。 気心の知れた仲間であれ、新しい友達であれ、親交を深められる楽しい時間が待っています。
  • マグナムス シャンパン&ワインバー

    マグナムス シャンパン&ワインバー

  • ミキサーズ マティーニ&カクテルバー

    ミキサーズ マティーニ&カクテルバー

  • スピンネーカーラウンジ

    スピンネーカーラウンジ

エンターテイメント
ノルウェージャン ジェイドでは、数々のエンターテイメントが日夜繰り広げられています。 マジックやコメディショーで、魔法のような夕べのひとときを。 「エレメンツ」では感動的なアクロバット演技を間近でご覧ください。 『ブレイジングブーツ』は、ロックコンサートがフィーチャーされた面白さ満点、眩いばかりの本格的なショーです。 とっておきの白の衣装を身にまとい、ホワイトホットパーティーで踊り明かしましょう。さあ、ショータイムの始まりです。 いつでもどうぞ。
  • ブレイジングブーツ

    ブレイジングブーツ

  • エレメンツ

    エレメンツ

  • ディール オア ノー ディール

    ディール オア ノー ディール

アクティビティ
船首から船尾まで、ノルウェージャンクルーズラインでは、クルーズを最大限お楽しみいただけるよう様々なアクティビティをご用意しています。 プールでひと泳ぎしたり、プールデッキにある屋根付きのジャグジーでリラックスしたり。 エキサイティングな運試しをお望みなら、受賞歴を誇るCasinos at Sea®で存分に楽しいひとときをどうぞ。最後には、マンダラ スパでの癒やしの時間もお忘れなく。 一度のクルーズでは体験できな