夢のクルーズの体験、ひらめき、そして再び。
ノルウェージャンクルーズライン
オフィシャル旅行ブログ

感謝祭クルーズを家族の新たな伝統に

感謝祭は一年で最も楽しみなホリデーの一つ。 感謝祭は家族が集い、美味しい料理を一緒に味わい、その年に起きたすべての良い出来事に感謝の気持ちを示す日です。 けれども、感謝祭を迎えるためのさまざまな準備が悩みの種だと感じているのはきっと私だけではないでしょう。 料理や飾りつけ、おもてなし、そしてブラックフライデーのセール。今年はそのすべてを忘れて感謝祭を過ごしませんか。 感謝祭クルーズを家族の新たな伝統に。その詳細をご紹介します。

朝食をゆっくり楽しむ:

クルーズでは、ゆっくりとリラックスすることが仕事です。 朝早くから感謝祭のディナーの手配や料理の支度にとりかかる必要はありません。ですからせっかくのこの機会に、おいしい朝食で一日をスタートさせてはいかがでしょう? ここだけの贅沢を極めるのに、パジャマのままで朝食を注文して部屋までもってきてもらうというオプションもあります。

朝食を味わいながら1日をスタート

1日をエンジョイ:

他の人たちが家で料理に明け暮れている間、港で街の散策に出かけませんか? 感謝際のクルーズには、さまざまなアクティビティを体験する機会がたくさんあります。 ロープコースや最速落下のスライダー、フリーフォールで度胸試しにチャレンジしたり、ただプールデッキでのんびりと過ごしたり、自由にお過ごしください。

アクアパークのスライダーでスプラッシュ

アトリウムでスポーツ観戦:

ノルウェージャンクルーズラインでは、「大画面でスポーツ観戦」という特別な体験ができます。 それがアトリウムで見る NFL の試合中継。2 階分の高さの大画面で、パスひとつ見逃すことはありません。 アトリウムのすぐ隣りにはオ シーハンズ バー&グリルがあり、飲み物をはじめ、ウィング、スパイシーなナチョス、ハンバーガーなど無料のお食事が手軽に楽しめます。

感謝祭の夕食をディナータイムに食べる:

感謝祭の夕食を、ディナータイムに食べる家族はそう多くはありません。 たいていは、たまたま料理が早くできた、あるいは、ブラックフライデーの買い物が早くできるようあえて早く用意した、といった理由で食事の時間が不規則になりがちですが、クルーズの場合はそうした心配は無用です。 シェフが、普段の食事時間を変えないで済むよう、伝統的な感謝祭の料理をディナータイムにご用意します。 早めの食事をご希望でも全く問題ありません。お好きなタイミングでご用意します。

いつもの感謝祭とは違うものを食べてみる:

気が進まないのに、定番の感謝祭料理を食べる必要はありません。 「オプション」、それがノルウェージャンクルーズラインのメリットです。 新しい感謝祭のスタイルとして、まずはスペシャリティレストランをお試しください。中華、フレンチ、イタリアンのほか各種取り揃えています。

ラ クチーナで感謝祭ディナー

バーめぐりで感謝祭を祝う:

一緒に旅行中のご友人、あるいはクルーズで出会った新しいご友人を誘って、みんなで一年のお祝いをしませんか。 船内には最大22軒のバーとラウンジがあり、定番の人気料理がどの店でも楽しめます、中にはパンプキンパイ マティーニなどの魅力的な創作カクテルなどを用意しているところも。 できればいろんなバーをめぐって、それぞれのバーで何か新しいお祝いをしましょう。

ひと儲けする:

ブラックフライデーのショッピングでお金を使う代わりに、クルーズでお金を獲得しましょう。 アトリウムでは「ディール オア ノー ディール」や「バトル オブ ザ セクシーズ」「ニューリーウェッド ゲーム」などのゲームショーを頻繁に開催しています。 船内クレジットやスペシャリティレストランでのお食事2人分、スパトリートメントなどの賞品が当たる楽しいイベントです。 また、現金が目当ての方のためのカジノもあります。 ご自宅に帰る頃には、クルーズ出発前よりもお金持ちになっているなんてことも夢ではありません。

賢くショッピング:

ホリデーショッピングをお考えなら、船内でどうぞ。 というのもホリデーシーズンは、普段販売されていないものが買える絶好のチャンス。 人混みをかき分けたり、早朝から列に並んだりする必要がないところが最大の魅力です。 船内にない高額商品をお求めの方には、サイバーマンデーという選択肢もあります。

クルーズでホリデーショッピング

帰りを待つ人たちに思いを伝える:

クルーズ旅行中だからといって、大切な人たちとのつながりがなくなってしまうわけではありません。 家族写真を送ることで、ご自身の思いを伝えてみてはいかがでしょうか? 船内での撮影にはキオスクをお探しください。通常はアトリウムの近くにあります。 利用は無料で、撮影した写真はソーシャルメディアに直接アップロードするかEメールで送信することができます。