このウェブサイトではクッキーを利用しています。 本サイトを閲覧することにより、お客様はクッキーの利用に同意したものとみなされます。 詳細はこちらをクリック
ノルウェージャンクルーズライン
メッセージセンター (0)
メッセージセンター (0)
ロード中
送信元メッセージ予約番号日付
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ご予約の期限が切れないうちにどうぞ!
254228811年4月, 2014
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ダイニングを今から予約
254228811年4月, 2014
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ご予約の期限が切れないうちにどうぞ!
254228811年4月, 2014
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター
ご予約の期限が切れないうちにどうぞ!
254228811年4月, 2014
送信元: ノルウェージャンクルーズライン コミュニケーションセンター送信日: 2014年5月21日件名: ビバレッジパッケージ販売中

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Curabitur sagittis condimentum varius. Mauris eget risus sollicitudin, aliquet ex ut, vehicula urna. In quis ligula cursus, sollicitudin leo eget, congue lacus. Phasellus metus eros, convallis in diam nec, molestie luctus velit. Fusce fermentum nibh odio. Integer convallis velit sit amet arcu aliquam luctus. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Praesent vel lobortis ipsum.

Quisque luctus metus nec placerat cursus. Maecenas faucibus ac nisi vel semper. Duis et sollicitudin ante. Suspendisse feugiat libero in ipsum faucibus, sed eleifend orci pellentesque. Cras maximus ultricies pulvinar. Nullam egestas urna eget mauris interdum, consectetur pretium turpis condimentum. Cum sociis natoque penatibus et magnis dis parturient montes, nascetur ridiculus mus. Suspendisse ac tellus ultricies, hendrerit neque sit amet, laoreet leo. Donec in pellentesque lectus, vitae consectetur nibh. Mauris eleifend mollis urna. Vestibulum vel imperdiet lacus, ut elementum nisi. Fusce tempus consectetur porttitor. Proin quis ligula vel mauris ultrices consectetur nec at nisi. Donec nec fringilla ipsum. Duis facilisis, justo porttitor elementum luctus, ipsum eros vulputate purus, id condimentum ipsum velit a arcu.

*利用規約
5日未満の航海、またはチャーター航海ではこのオプションはご利用になれません。

夢のクルーズの体験、ひらめき、そして再び。
ノルウェージャンクルーズライン
オフィシャル旅行ブログ

クリスマス時期のヨーロッパクルーズは、それぞれの国によって異なるホリデー習慣を体験する絶好の機会です。 スペイン語やフランス語、デンマーク語でクリスマスキャロルを歌ってみませんか? クリスマスディナーもバラエティ豊か。 いろいろなサンタクロースに出会えます。クルーズでは、クリスマスもアドベンチャーへと変わります。

モロッコへのクリスマスクルーズ

ホワイトクリスマスには興味はないという方には、冬でも気候の穏やかなモロッコで過ごすクリスマスをおすすめします。 現地ではクリスマスは大々的にお祝いされませんが、フランスのカトリックの影響により、カトリック教会周辺では、お祝いの様子を垣間見ることができます。 ブッシュドノエルと呼ばれるフランス風クリスマスケーキを購入するのをお忘れなく。 ショッピングセンターはきれいにデコレーションされていますが、フランスでペール・ノエル、すなわち「ファーザークリスマス」と呼ばれるサンタクロースは、ここでは見かけることはありません。

モロッコにクルーズの際は、ぜひブッシュドノエルをお試しあれ。

アゾレス諸島、ポンタ デルガダへのクリスマスクルーズ

クリスマス時期にポンタ デルガダへクルーズする際には、クリスマスの一品、乾燥塩漬けタラをぜひご賞味ください。 クリスマスのタコの煮込み、ポルボデナタルもおすすめです。 ポンタ デルガダでは、地元の人たちは真夜中のミサに参加したり、明け方まで家族や友達を訪れたりしてクリスマスイブを過ごし、その後は家に帰ってプレゼントを開けるのが習慣です。

アイスランドへのクリスマスクルーズ

さまざまな伝統が残るアイスランドは、ホリデークルーズにはもってこいの場所です。 たとえば、良い子にしていないアイスランドの子供たちは、グリラという山に住む怪物にスープにされてしまうと言われています。 グリラの子分たちは夜の間に子供たちを訪れ、良い子にはプレゼントを、悪い子には腐ったじゃがいもを届けるのです。 大人であっても油断はできません。 クリスマスイブに新しい服を着ていないアイスランド人は、巨大な恐ろしい黒猫の餌食になってしまいます。

カナリア諸島へのクリスマスクルーズ

カナリア諸島のクリスマスの目玉は、ベレンと呼ばれるキリスト降誕の場面を再現した精巧なジオラマです。 なかでも一番人気は、ラスパルマスのカンテラスビーチに作られる砂の彫像。島でのクリスマスディナーは、魚やエビなどのシーフードです。 出発の前には、トゥルチャと呼ばれるサツマイモとかぼちゃのパイをぜひご賞味ください。

ラスパルマス、カンテラスビーチのベレン

アイルランドへのクリスマスクルーズ

クリスマスの時期にアイルランドにクルーズすると、クリスマスキャロルが鳴り響くイブの教会を訪れる人々や、クリスマスの朝にモミの木の下に置かれたプレゼントを目にするはずです。 クリスマスの翌日は、聖ステファノの日です。聖ステファノは馬の聖人なので、12月26日には競馬場に出向き、ポニーに賭ける日とされています。 ホリデー期間が終わる1月6日は、女性のクリスマスです。 女性は1日のんびりし、男性が家で料理や洗濯などの家事をしたり、クリスマスの飾りを片付ける日とされています。

スコットランドへのクリスマスクルーズ

クリスマスの時期にスコットランドにクルーズをすると、清教徒プロテスタントによって400年もの間禁止されていたホリデーをお祝いすることができます! ローマカトリック教会の乱心とされていますが、クリスマスは1958年まで祝日ではありませんでした。 それまでクリスマスを祝うことは、「とんでもないこと」だったのです。 スコットランドでは、大晦日のほうがより重要な位置を占めています。「蛍の光」が大晦日の歌として浸透したのは、スコットランド人の功績と言えるでしょう。 歌の題名は「古きよき日々」という意味です。 スコットランドでは、大晦日はホグマネイ、または「ファーストフッティング」と呼ばれます。 新年を迎えて一番に家の敷居をまたぐ人は、石炭やショートブレッド、ウィスキーのギフトを持って入らなければならないしきたりです。 その際、黒い髪で背の高い男性が一番に入るとその家には幸運がもたらされ、金髪の人だと逆に不運を招くと言われています。

デンマークへのクリスマスクルーズ

デンマークのクリスマスでは、サンタクロースはユールマンデン、または「ユーレマン」と呼ばれています。 それを手伝うのは、ニッセと呼ばれるいたずら好きの妖精。 屋根裏や納屋に住み、家や農場の仕事を手伝うと信じられています。 ニッセの悪ふざけが過ぎないようにするために、子供たちはクリスマスイブにライスプディングをニッセのために置いておきます。

デンマークでのクリスマス