夢のクルーズの体験、ひらめき、そして再び。
ノルウェージャンクルーズライン
オフィシャル旅行ブログ

12月のホリデーシーズンは、クリスマスクルーズの計画にはもってこいの時期です。 混雑したショッピングモールや空いている駐車場探し、そしてクリスマスディナーの準備のストレスともおさらばです。 その代わりにプールサイドでエッグノッグとともに日光浴でも。 ご心配いりません。サンタはカリブ海クルーズや地中海クルーズ、太陽が降り注ぐ他のバケーションの目的地でもきっとあなたを見つけてくれるはずです。 クリスマスの翌日にサンタが日に灼けようとしているのを目撃、なんてことがあるかもしれません。 要は、どこで過ごそうともクリスマスはクリスマス、そしてホリデークルーズはその最高の形なのです。

ぴったりの客室を選んで予約

ご家族や団体で旅行をするときは、必ずそれ相応のステートルームを予約するようにしましょう。 せっかくのホリデーですから、ご家族のためにスイートタイプの客室を手配されてはいかがですか? スイートタイプなら、サンタクロースが来ても大丈夫。プレゼントを心置きなく広げられるのはもちろん、家族でカクテルパーティーを開くこともできます。 広ければそれだけ皆さんが一緒に過ごせます。 また隣り合ったステートルームを予約することも可能です。 大人数の場合は、団体割引も見てみましょう。

スイートで行くクルーズ

クルーズ船で祝うクリスマス

クリスマスクルーズに行くといっても、ホリデーの伝統をすべて家に置いてくるというわけではありません。 すべてのクルーズ客船は、赤と緑のホリデー用デコレーション、ピカピカ光るライト、ポインセチア、クリスマスツリーで飾られます。クリスマスバージョンのヤシの木も1、2本あるかもしれません。 ぜひご自身のクリスマスアイテムをお持ちください。 スーツケースに入る大きさの模造のクリスマスツリーはどうでしょう?モールでステートルームを飾ったり、リースをドアに吊るしたりするのもいいかもしれません。 ノートパソコンを使ってお気に入りのクリスマス映画を見るというアイデアもあります(燃える炎の動画の方がふさわしいかもしれません)。

美しいクリスマスの飾り

クルーズ客船のクリスマスエンターテイメント

サンタへの願い事もまだ間に合います。 船内にサンタクロースがいるかもしれませんので、お見逃しなく。 お子様にとっては、サンタがクリスマスの旅行に出発する前にこっそりほしいものを伝えたり、一緒に写真を撮ったりするチャンスです。

いまだに「ホワイトクリスマス」のメロディーが浮かぶという方は、ピアノバーで定番のクリスマスソングやクリスマスキャロルを歌いましょう。 またそれとは別に、誰もがうなずくクリスマスの風物詩、巨大ジンジャーブレッドハウスもお見逃しなく。これは船内のシェフの作品で、アトリウムかメインダイニングルームに設置されています。

クルーズ船のホリデーメニュー

クリスマスディナーの計画、スーパーでの格闘、料理・・・そのすべてが必要ありません。 クリスマスクルーズに参加すれば、クリスマスの食事を自分で作らなくてもよくなります。 一方の船内ではホリデーメニューとして、バターナッツスクワッシュとパンプキンのスープ、ロ―ストメリーランドターキー、ベイクド カントリーハム、フルーツケーキ、パンプキンスフレ、ミルクチョコレート ユールログなどがそろっています。

船内で振舞われるクリスマスディナー

その他の楽しいクリスマスクルーズのアクティビティ

ご家族全員で、船内のカメラマンにホリデーの家族写真を撮影してもらいましょう。 その際、お持ちになった派手なクリスマスセーターを着たり、コーディネートで服を合わせたりすればきっと思い出に残る一枚になるはずです。

今年のプレゼントは、大きくてかさばるもの以外でお考えください。 クルーズそのものがプレゼントのようなものですから、大きなものはそれで十分。 それよりも、小さくて思いのこもったプレゼントを用意しましょう。船内にはギフトショップもたくさんあり、クルーズの記念になるものが購入できます。 もしかしたらホリデー割引の商品が見つかるかもしれません。 また、ステートルーム担当のスチュワードやクルーズでよく世話をしてくれた担当者に「ありがとう」「メリークリスマス」という気持ちを込めて、ささやかなプレゼントを渡すこともご検討ください。 ちょっとした心遣いが大きな違いを生みます。

面倒なことは自宅に置いて、今年はクリスマスクルーズでホリデーをお祝いしましょう。 太陽の下、客船で過ごすひとときをこれからの恒例行事にしませんか?