夢のクルーズの体験、ひらめき、そして再び。
ノルウェージャンクルーズライン
オフィシャル旅行ブログ

「お入りにならないでください。 ピーターは約束のない方と会うのを嫌いますし、今日はその日ではありません。」

スタジオの廊下を歩いている時、ピーター・マックスのアシスタントが物の溢れるデスクの後ろから、大きな鉢植えの観葉植物を掻き分けるようにして出てくると、我々を一応止めようと声をかけてきました。

私の両親は最近ノルウェージャンクルーズラインでクルーズ旅行に行き、船内アートギャラリーで見たピーター・マックスの作品に心を奪われたのです。 その時いくつか作品を(マティーニも)購入した彼らは、どういうわけか、ニューヨークにあるこの著名アーティストのスタジオの住所を手に入れたのです。

その後のニューヨーク旅行で、私たちは、ギャラリーがあればその隣に彼のアトリエがあるのではないかと考え、行ってみることにしました。 襟を立て、まだ冷たい春の空気を避けるようにしながら、ギャラリーの看板がないかと凍てつく歩道を歩きまわりました。 見つかったものは何もありません。

その辺りは住宅が多かったこともあり、20分ほど探したところでもういいだろうと諦めかけました。そうすると一人の若い男性が、表札のない石造りの建物から降りてきたのです。 私たちは最後の手段とばかりに、ピーター・マックスのことを知ってはいないか、彼のスタジオはどこにあるのか、と尋ねてみました。 すると、その男性はちょうど上の階のマックスの部屋に配達をしてきたばかりらしく、快く私たちを建物の中に入れてくれたのです。

がたつくエレベーターを出ると、私たちはある部屋の前に立っていました。 ドアには古いインターホン。ボタンの上からは、「ベルを鳴らしてください」と書いたカラフルな紙が無造作に貼られています。それが彼の部屋であることを知る唯一の手掛かりでした。

広々とした部屋には、積み重なったキャンバスラックが所狭しと並んでいました。テレビが重なるように掛かったメディアウォールに山積みのポスター、日の当たる奥の方には小さな座れるスペースがありました。 部屋の隅から隅までさまざまな色があふれていました。 独特のタッチとコズミックなラインの描きかけの作品の後ろには、あの「Statue of Liberty(自由の女神像)」シリーズや著名人の肖像画が姿を覗かせていました。

ピーター・マックスは、おそらくアメリカで最も有名で最も利益を上げている現代アーティストの一人でしょう。 そのサイケデリックな作品は今やポップカルチャーの象徴的存在になっています。 彼のグラフィックアートは、GE 社の製品や10セント切手、コンチネンタル航空のボーイング機、そしてノルウェージャンクルーズラインのニューヨーク拠点の客船ノルウェージャン ブレイクアウェイに魅力を吹き込んできました。 マックスは、1994年ワールドカップ、5回のスーパーボウルのほか、数々の有名人のイベントでも公式アーティストとして活躍しています。 ホワイトハウスでの絵画設置にも招かれたことがあり、当時、ロナルド・レーガン大統領が、OKを出す前に冗談半分で絵に数回書き足しをしたというエピソードも残っています。

その彼のスタジオのそばにいるというだけで光栄でした。 マックスのアシスタントはしぶしぶ私たちを中に入れ、絶対に何にも触れないという条件で作品を見て回らせてくれました(というよりも、もうすでに部屋の中に入ってしまっていたのです)。 メディアウォールのそばに立っていたときです。その警戒姿勢のアシスタントが誰かに、部屋に人がいる、配達があるとは思っていなかったなどと説明しているのが聞こえました。

ピーター・マックスがやってきたのです。

私たちは、どうしようという表情でお互いの顔を見合わせました。

スタジオの奥で逃げることもできない私たちは、ただただその場を行ったり来たりしながら、隠れるところはないかと探しました。

ところがふと気がつくと、そこに彼がいるではありませんか。

細い髪にベルベットのブレザー。まるで肖像画のような姿が目に飛び込んできました。 彼は私たちに向かって愛想よく手を振り、親しげに、とは言えいく分慎重な面持ちで私たちが誰なのか、スタジオをどうやって見つけたのか尋ねてきました。

そのあとマックスは自らスタジオを案内してくれました。作品一つずつ立ち止まってその背景を説明しながら、アーティストのアンディ・ウォーホルとの思い出話、客船ほどもある大きな作品作りがどんなものだったか、それから、大統領たちに出会ったときのことやブリトニー・スピアーズ、マリリン・モンローとのなんでもないエピソードまで、何十年分もの彼自身の話を聞かせてくれました。 それをを聞いていると、作品一つひとつに命がみなぎってくるようでした。

マックスは古典的な教育を受けたにもかかわらず、60年代に生まれたポップアートのトレンドを積極的に取り入れて多くの人々を魅了しました。 彼の説明によると、どんなアーティストにも人生のなかで利益を上げ、さらに有名にもなる選択肢があると言います。あまりに主流派でいるがために批判の的となるか、それともその芸術の世界に立ち向かい、本量を発揮するけれども最後まで認められることなく飢えしのぐアーティストになるか、どちらかのリスクの選択だと。

マックスは芸術至上主義とはとても呼べないでしょう。 1969年、マックスはライフ・マガジン(LIFE:雑誌) の表紙を飾りました。そのヘッドラインは「大金持ちアーティストの肖像 (Portrait of the Artist as a Very Rich Man)」。けれども彼は、多くの人気アーティストができなかったことを成し遂げました。

社会的あるいは政治的なコメントで幾度と厳しい状況に立たされながらも、マックスの作品は「美」の感覚の境界を微妙に行き来し、現代文化のありのままの姿をしっかり見据えています。 9/11の同時多発テロで作業に当たった男女を讃えたシリーズや、オバマ大統領の第44代目就任を記念した44の同大統領の肖像画など、マックスの作品には人の心を掴む想像力あふれたものがたくさんあります。なかでも「ウォーホルスクエア」と呼ばれるウォーホル氏スタイルの作品などは複製されることも多く、広く人々に愛されています。

マックスの作品は、明るく大胆でカラフルな色と感情がぎっしりつまっています。それは本人そのものであり、伝説的でさえあります。 もしかすると、客船より大きいのかもしれません。