夢のクルーズの体験、ひらめき、そして再び。
ノルウェージャンクルーズライン
オフィシャル旅行ブログ

ノルウェージャン アンコール

ノルウェージャンクルーズラインは本日、新しい客船「ノルウェージャン アンコール」の建設に着手しました。 ノルウェージャン アンコールはノルウェージャンクルーズラインにとって一番新しい最新型客船で、2019年秋からマイアミ発のカリブ海クルーズに就航する予定です。

ドイツ、パーペンブルクにあるマイヤー・ヴェルフト レーザーセンターにはノルウェージャンクルーズラインホールディングスとマイヤー・ヴェルフト社の役員が集まり、最初の鋼板をカットして着工を祝いました。ノルウェージャン アンコールは2019年10月31日の納船予定です。

「ノルウェージャン アンコールの建設が始まったことをうれしく思っています。ノルウェージャンクルーズラインのデスティネーションがもう一つでき ました」と語るマイヤー・ヴェルフト社、客船プロジェクト管理担当の役員ステファン・シュミーズ氏。

ノルウェージャン クルーズラインにとってノルウェージャン アンコールは17番目の客船で、同社がこれまで最も業績を上げてきたブレイクアウェイプラス クラスとしては4番目、かつ最後の客船でもあります。

総重量約16万7,800トン、収容客数約4,000名というノルウェージャン アンコールでは完成後、毎週日曜日にマイアミ港を出発する7日間カリブ海クルーズが予定されており、優れたサービス、ワールドクラスのエンターテイメント、ユニークなレストラン施設、船内アクティビティといったノルウェージャンクルーズラインを世界に知らしめたさまざまなアトラクションが登場します。

新客船には革新的なデザインとモダンで豪華なインテリアが取り入れられるほか、乗客が各自のペースやスタイルで自由かつ柔軟にバケーションを楽しめるよう各種オプションが用意されます。 

「ノルウェージャン アンコールはブレイクアウェイプラス クラスのなかでも究極の客船になるでしょう。その建設がスタートするということで、とても感激しています」と語るノルウェージャンクルーズラインの社長兼CEO、アンディ・スチュアート。

「島めぐりクルーズとして初めてのマイアミ発カリブ海クルーズを就航させて以来、ノルウェージャン クルーズラインでは50年以上にわたって思い出のバケーション作りに取り組んできました。 最先端の技術を駆使したこの客船は、世界で最も注目を集めている島々の美しい自然を見てまわるのにぴったりで、その建造の試みは、私たちが革新のレガシーを受け継いでいる証でもあります。」

ノルウェージャン アンコールでは魅力的なアメニティやインタラクティブ体験が設けられる予定で、客船のデザインや客室、レストラン、サービス等の詳しい情報はこれから公開されことになっています。 この客船のクルーズの予約受付は2018年3月からスタートします。

ノルウェージャン アンコール 鋼板カットセレモニー

今後のノルウェージャン アンコールの情報にご期待ください。