夢のクルーズの体験、ひらめき、そして再び。
ノルウェージャンクルーズライン
オフィシャル旅行ブログ

予算内で春休みのバケーションを

スマートな大学生の皆さん、春休みはクルーズに出かけませんか? 確かにカンクン(メキシコ)でパーティー好きの連中と楽しむのもありですが、そういうのはかなり終わっている気がします。それよりも、エキゾチックな島とカジュアルで自由なサービス、素晴らしい船内パッケージがそろったノルウェージャンクルーズラインなら、世界を旅しながら島でも遊ぶというアドベンチャーなバケーションがお手頃価格で実現します。

というのもぶっちゃけた話、誘惑がいろいろとあります。食べ物にナイトライフ、島めぐり・・・。 (他の誘惑はここではちょっと伏せておくことにします)。つまり、アドベンチャーやエンターテイメントにお金を使いたくなるものです。 だから、ノルウェージャンクルーズラインで行くのが賢明な選択です。 クルーズを予算内で楽しむのは簡単。ここではそのための超お役立ちな情報をご紹介します。

無料ドリンク

「無料ドリンク」⎯ でも、本当なんでしょうか? はい、間違いありません。大学生のするようなパーティーはありませんが、客船ノルウェージャン スカイではマルガリータ、ピニャコラーダなどお好きなドリンクがどれも無料。気ままなひとときが過ごせます。 船内にはバーとラウンジが12か所も。 ノルウェージャン スカイは「ベストナイトライフ」や「ベスト インサイドキャビン」など複数の賞を受賞している客船で、フロリダからキューバ、バハマ、メキシコといった目的地に向けて出航しています。 行き先は次のトピックに大いに関係があります。

無料のアクティビティ

寄港地観光ツアーはクルーズのハイライトでもありますが、そのほかにもきれいなビーチがいくつかあり、無料で行くことができます。 たとえば、バハマクルーズの寄港地で私のお気に入りでもあるグレートスターラップケイは、客船の乗客のためだけに用意されたプライベートアイランドです。 そこにはきらきら光るターコイズブルーの海、そして雪にように白い砂があり、春の平均気温も華氏80°(摂氏26℃)と魅力的です。 うれしいことに、島には食べ放題の無料レストラン、アバコ タコがあります。食事の前後には、ライトハウス バーにある広さ800平方フィートのデッキでスカッと一杯いくのもよし、バカルディバーでラムをたっぷり味わいながら本格的なバハマを体験するのもよしです。では、最高にいいところは一体何だと思いますか? それはずばり、ノルウェージャン スカイでグレートスターラップケイに行けば、ドリンクが無料ということです。 ステートルームのカードキーを提示するだけで、あとは楽しい時間が待っています。

グレートスターラップケイでパーティー

でも、ひとつくらい贅沢なアドベンチャー体験を入れてみてもいいのでは? 本当のところ、有料の寄港地観光ツアーには値段以上の価値があることも少なくありません。 ただ皆さんは予算が限られている分、普段の勉強はほどほどにして少しツアーの研究をされた方がいいでしょう。 この際、思いきって何かひとつやってみてください。 パラセーリングなんかもあります。

無料のアクティビティは船内にもたくさんあり、なかでもブレイクアウェイやブレイクアウェイプラス クラスの客船では一層充実しています。 たとえばブロードウェイミュージカルなどのエンターテイメント、スポーツコンプレックス(上まで登ってウォータースライドで滑りるとか)。スパイス H20ではパーティーもあって一晩中踊り明かせます。

フリー アット シー

ノルウェージャン スカイのクルーズでは、やりたいことが何でもできると言っていいでしょう。 オープンバーがフルに利用できる客船はノルウェージャン スカイだけです。 ノルウェージャンクルーズラインは決して型にはまることがなく、ドリンクはまさにその証なのです。 その他の客船ではフリー アット シープロモーションが利用できます。これは自由に選べる無料特典のことで、アルティメット ビバレッジパッケージ、250分間のWiFi利用、スペシャリティレストランでの食事のほか、同伴のお客様の客室料金が無料になるなど、オプションがまだまだがあります。

3人でも楽しめて、4人ならもっとお得

クルーズにも、ホテルに泊まるときと同じように節約のコツがあります。それは「ひとつのステートルームに泊まる人数を増やす」というやり方で、そうすれば一人当たりの料金が割安になります。 ただ、窮屈な滞在は嫌ですよね?ご心配は無用です。 お友達が増えても、収納式ベッドや引き出し式のソファベッドが使えます。 プライベートな空間が恋しくてたまらないときは、船内の好きなところでくつろぎましょう。 隠れるのにちょうどいいスポットがあちこちにあります。 私の場合は、自分ひとりになりたいと思ったら図書室やジャグジーで静かに過ごすのが何よりの贅沢です。