飲料水や炭酸飲料を船内に持ち込むことはできますか?


2016年7月15日以降のクルーズからは、あらゆる飲料(アルコール類、ビール、水やソーダ、ジュース等のノンアルコール飲料を含む)に対して、お手荷物や預け入れ荷物の一部として船内に持ち込むことが禁止されます。例外として、医療機器または乳児用調製粉乳に使用するための、未開封の容器に入った精製水または蒸留水の持ち込みは認められます。さらに、船内で個人的に消費する未開封/未開栓のボトルワインは、検査を受け、開栓手数料をお支払いいただいたうえでお持ち込みが可能です(21歳以上のお客様に限ります)。 開封済みの飲料はすべて、最初の乗船日および各寄航港にてあらかじめ消費するか、保安検査場で破棄していただく必要があります。 このポリシーの改訂は、旅行の安全に関する模範的な手続きを当社で実施して、大量の飲料に対するスクリーニングや手荷物の検査でそれぞれのお客様にかかる時間を短縮することを目的としています。


ポリシーを変更するのはなぜですか?
大量の飲料に対する検査を行うと、乗船手続きやセキュリティの人員手配に支障をきたす恐れがあります。 一例ですが、アルコール飲料を船内に持ち込もうとする乗客の方は、たいてい飲料の容器に入れて持ち込もうとします。 つまり、すべての飲料は個別にチェックする必要があるため、時間がかかるうえにそのための人員も必要となります。
このポリシーの改訂により、飲料の輸送に関して観光業界で実施されている他の手続きと当社の手続きを一致させると同時に、セキュリティの人員が船内に持ち込まれる飲料をすべて検査するのではなく、その他必要なチェックに専念できるようになります。

寄航港で飲料を購入する場合はどうすればよいですか?
乗客のお客様は、寄航港で船内にいかなる飲料を持ち込むこともできません。現地で購入されたものはすべて乗船前に破棄していただきます。 また、水も含め、開封済みの飲料容器も船内にお持ち込みいただくことはできません。
寄港地または船内ショップで購入されたアルコール飲料は、こちらで安全に保管させていただきます。クルーズの最終日の夜または下船日の朝、指定されたエリアでお受け取りいただきます。

水のケースを船内に持ち込んだ場合はどうなりますか?
乗船時に飲み物をお持ち込みの乗客の方は、お車に戻すよう指示されます。 もしその場に車などがない場合は、すべて破棄していただくことになります。

医療的な理由や子どものために水やミルクを持ち込む必要がある場合は、どのような手順をとる必要がありますか?
特別な対応や医療上の配慮が必要なお客様、乳児のお子様のミルク用に水が必要なお客様は、アクセスデスク accessdesk@ncl.comまでご連絡いただき、例外として飲料の持ち込が可能かどうかご確認ください。例外が認められる場合は、乗船時のセキュリティ検査で提示する事前許可をご取得ください。

船内の水は飲んでも安全ですか?
当社の客船はすべて、米国保健社会福祉省、米国公衆衛生局、疾病対策センター、国立環境衛生センターが定めるガイドラインと規制に従って水を生成しています。

ワインを船内に持ち込むことはできますか?
はい。個人で消費する場合に限り、未開封のワインボトルを持ち込むことができます。 ワインは乗船前に検査され、15.00 USD for a 750 ml Bottle or $30.00 USD (1,500 mlマグナムボトル)の開栓手数料が課されます。 箱ワインの船内へのお持ち込みは許可されていません。 お客様が持ち込み料のお支払いを希望されない場合は、乗船時にこちらの方で保管することとなり、クルーズの終了時にお客様に返却されます。

ワインは持ち込めるのに、なぜ他の飲料はだめなのですか?
セキュリティチームがすぐ簡単にチェックできるため、ワインを持ち込む方はほとんどいません。




アルコールおよび飲料ポリシーとは何ですか?

アルコール飲料の購入や消費は、何歳から行うことができますか?

船内にアルコール飲料を持ち込むことはできますか?

トップへ戻る