カリブ海クルーズ:キュラソー、アルバ、ボネール カリブ海クルーズ:キュラソー、アルバ、ボネール カリブ海クルーズ:キュラソー、アルバ、ボネール

7日間のクルーズ  -  ノルウェージャン エピック

カリブ海クルーズ:キュラソー、アルバ、ボネール

出発地 サンフアン、プエルトリコ

南カリブ海の魅力に迫る刺激的な一週間を過ごしましょう。 魅力的なオラニエスタッドでは、白い砂やコバルトブルーの海、オランダ植民地時代のパステルカラーの建物が魅了してくれます。 ボネール沖合では、虹色の熱帯魚に囲まれながらシュノーケリングを体験。 セントキッツ島では、当時の様子を保存したサトウキビのプランテーション(大農園)を見学し、園内でハイティーもお楽しみいただけます。
  • /sites/default/files/ship-blue.svg
    大ヒットミュージカル『プリシラ』をお楽しみください。
  • /sites/default/files/award-solid-blue.svg
    ワールド・トラベル・アワードの「Caribbean's Leading Cruise Line」を9年連続受賞。
##PRICE##
今すぐ
##PRICE##
お一人様あたり/米ドル
  • + 税、手数料、港湾諸経費122.24米ドル
7日間。6つの港。1つの素晴らしいバケーション。
11つのクルーズ日程をご用意してお待ちしております。
寄航港
サンフアン、プエルトリコ
  • /sites/default/files/SJU_modal_sentryBox.jpg

1521年に建設されたサンフアンは、スペイン統治時代の名残を感じさせる美しい石畳の通り、広場や教会などが印象的な街です。 アメリカ大陸で2番目に長い歴史を誇るこの街は、他にも美しいビーチ、豊かな熱帯雨林、緑に覆われた山々、威厳を放つ砦、そして過ごしやすい熱帯性の気候なども魅力です。 サンフアンへのクルーズをお探しですか? ノルウェージャンクルーズラインではさまざまなカリブ海クルーズをご用意しています。サンフアンからクルーズに出かけるべき理由も合わせてお読みください。

寄航港
オラニエスタッド、アルバ
  • /sites/default/files/orj_02_modal.jpg

信じられないほどの白い砂とコバルトブルーの海で、小さな島アルバは人気の旅行先になりました。 にぎやかな自由貿易港の街オラニエスタッドは、オランダ植民地風のシャーベットカラーの建物と、咲き誇るブーゲンビリア、キョウチクトウやハイビスカスが絵のような美しさを誇ります。 小規模ながらためになる博物館を訪れ、この島の歴史について知るのもいいでしょう。 アルバへのクルーズをお探しなら、当社が提供するカリブ海クルーズをぜひご覧ください。

寄航港
ウィレムスタット(キュラソー)
  • /sites/default/files/MI.NB-Willemstad-Curacao-walking-tourand-museum2.jpg

古風なこの港町を散策すれば、昔のアムステルダムにタイムスリップしたような気分になるでしょう。 カラフルなオランダ建築を見て回ったり、素晴らしいショッピングを楽しんだり。 有名なキュラソーリキュールで作ったドリンクを飲みながら、17世紀のベランダでリラックスするのもいいでしょう。 ウィレムスタットへのクルーズをお探しですか? この他にも当社によるさまざまなカリブ海クルーズをぜひご覧ください。

寄航港
クラレンダイク、ボネール
  • /sites/default/files/Ports-KRA-MI.jpg

パピアメント語が話せなくとも大丈夫。 オランダ領カリブの島であるボネールの首都、クラレンダイクでは、英語とオランダ語も使われています。 この地では、サンゴ礁ダイビング、カヤック、カタマランセーリングから4X4のサファリアドベンチャーまで、たくさんのウォーターアクティビティが楽しめます。 ボネールへのクルーズをお探しですか? この他にも当社によるさまざまなカリブ海クルーズをぜひご覧ください。

寄航港
カストリーズ、セントルシア
  • /sites/default/files/MI.NB-Castries-St-Lucia-pitons.jpg

豊かなサンゴ礁と手つかずの熱帯雨林。ここはアウトドアを愛する人々のメッカです。 サルファースプリングス(硫黄の温泉)には、車で訪れられる世界で唯一の火山のクレーターがあります。 また、ダイヤモンドボタニカルガーデンや数々の滝、モーンクーバリルエステートを訪れてみるのもいいでしょう。 セントルシアへのクルーズをお探しなら、当社が提供するカリブ海クルーズをぜひご覧ください。

寄航港
バセテール、セントキッツ島
  • /sites/default/files/ports-stkitts-950x320.jpg

セントキッツ島は1627年にフランスにより設立されたものの、クリケットと紅茶が定番の英国情緒が色濃く漂う島です。 きらめく砂浜と、プランテーションが盛んだった時代の名残であるサトウキビ農園が点在する光景がドラマチックに融合し、その魅力を作り出しています。 ショッピングガイドをご覧ください(最新版ショッピングマップは船内で配布)。 セントキッツ島へのクルーズをお探しなら、当社がご提供するカリブ海クルーズをぜひご覧ください。

寄航港
サンフアン、プエルトリコ
  • /sites/default/files/SJU_modal_sentryBox.jpg

1521年に建設されたサンフアンは、スペイン統治時代の名残を感じさせる美しい石畳の通り、広場や教会などが印象的な街です。 アメリカ大陸で2番目に長い歴史を誇るこの街は、他にも美しいビーチ、豊かな熱帯雨林、緑に覆われた山々、威厳を放つ砦、そして過ごしやすい熱帯性の気候なども魅力です。 サンフアンへのクルーズをお探しですか? ノルウェージャンクルーズラインではさまざまなカリブ海クルーズをご用意しています。サンフアンからクルーズに出かけるべき理由も合わせてお読みください。

日程と料金