夢のクルーズの体験、ひらめき、そして再び。
ノルウェージャンクルーズライン
オフィシャル旅行ブログ

ハワイクルーズの荷造り

荷造りも済み、待ちに待ったハワイバケーションに出発する準備ができました。 でも、家を出て空港へと急ぐ前に、スーツケースの中身を再確認しておきましょう。 荷物が多すぎて、客室がクローゼットのようになってしまうなど、うっかり初歩的なミスはしたくないもの。 反対に、重要なアイテムや、何より乗船に必要な書類を忘れると大変です。 ハワイクルーズに次の持ち物を忘れないようご注意ください。

身分証明書:

空港の保安検査を通過するには運転免許証などの政府発行の身分証明書が必要となるため、クルーズ出発地まで飛行機でお越しなら、これはわざわざ言うまでもありません。 パスポートについては、プライド オブ アメリカへの乗船には必要ありません。 米国船籍の客船であり、他の客船のように外国に寄港する必要がありません。

航程の控え:

印刷した航程の控えを持っていれば、慌ただしい旅の途中でも必要な時にいつでも見ることができます。 また、デジタルコピーをEメールとして保存しておくか、ハードコピーの写真をスマートフォンで撮影しておきましょう。 こうしておけば、印刷した控えをなくしても簡単に航程を見ることができます。

衣類:

ハワイクルーズで着るハワイアンなペアルック

持ってくる衣類によって、バケーション体験が格段に充実することもあります。 ハワイアンクルーズに適した服装についてのヒントは、こちらのハワイアンスタイルに関するガイドをご覧ください。 その場その場に相応しい服装ができるよう、事前に計画しておきましょう。

日焼け止め:

うっかり日焼けしすぎると、せっかくのバケーションが台無しになりかねません。 普段慣れている日差しよりもハワイの日差しは強いため、いつもよりSPFの高い日焼け止めがおすすめです。 荷物を預けない場合は、空港での液体物持込制限にご注意ください。 忘れたり使いきってしまった場合は、船内でもお買い求めになれます。

ユニバーサル充電器と電源タップ

一日中観光した後は、カメラや携帯電話、タブレットを充電する必要があります。 持ってくる電子機器の数によっては、すべての機器を同時に充電するにはコンセントが足りない場合があります。 キャビン内でコンセントをめぐる争奪戦が起こらないよう、電源タップだけでなく、ユニバーサル充電器も持参すれば、コードがごちゃごちゃに絡まることもなく、異なるタイプの機器を一度に充電することができます。

カメラ:

ハワイクルーズでウミガメの写真を撮影

普段撮る写真の大半はスマートフォンのカメラでも十分かもしれませんが、美しい見どころ満載のハワイは、高品質のカメラをぜひとも持って行きたい場所のひとつです。 シュノーケリング中に写真を撮りたい、もしくは波と戯れる子どもたちを写真に収めたいなら、水中カメラを持って行きましょう。 サーフィンや火山ツアーの際は、軽量のGo-Proビデオカメラを持って行けば、決定的瞬間もばっちり撮影できます。