夢のクルーズの体験、ひらめき、そして再び。
ノルウェージャンクルーズライン
オフィシャル旅行ブログ

ひとり旅のクルーズでハワイの島々を巡る

たくさんの人が一人でクルーズに参加するのは孤独だったり、怖いと勘違いしていますが、 それは大きな間違いです。 ひとり旅というのは、自分だけのテーマを持ちながら、元気を取り戻したり、自信をつけたり、旅先のいいところを思い切り満喫する良いチャンスです。 その点ハワイアンクルーズには一人で楽しめることがたくさんあり、冒険や限界にチャレンジしているうちに新しい自分に出会うこともあります。 ハワイの島々もひとりの旅人を温かく迎えてくれます。それにプライド オブ アメリカで過ごすひとりの時間*もまた格別です。 だから、思い切ってやりたいことをやってみてください。 一人でハワイを楽しむための4つのアドバイスをご紹介します。

アドベンチャーに積極的にトライ

ハワイクルーズで体験するキャプテンゾディアック・ラフト

ひとり旅が素敵なアイデアだという実感が持てないなら、まずはノルウェージャンクルーズラインのハワイクルーズキャプテンゾディアック・ラフト、シュノーケル、ドルフィン アドベンチャーなどの寄港地観光ツアーに参加してみてください。同じようなことが好きな人たちと一緒に、アドベンチャーを必ず体験できます。 もちろん周りには、コナのケアラケクア湾に生息する素晴らしい動植物たちがいっぱいです。誰が隣りにいるとかいないとか、どうでもよくなります。

何か新しいことをする

ハワイクルーズで、マウイでのサーフィンを体験

「ずっとサーフィンをやってみたかった」。 そんな気持ちはありませんか?郷に入れば郷に従えと言いますが、ハワイでも同じです。 マウイクルーズなら、ビギナーから中級のサーファーのためのサーフィンプログラムがいろいろあります。 サーフィンはもう十分知っているというのなら、カイトボーティングはどうですか? ウィンドサーフィンもあります。もしかしたら、あなたにはエクストリームスポーツの隠れた才能があるかもしれません。それにあの爽快感は、ボードから何度落ちてもいいと思えるほどやってみる価値があります。

一人での外食を恐れずに

1人ならたくさん食べられるので好都合です。 ハワイは料理がユニークなことで有名で、それはアジアやヒスパニックの影響があるからです。 一番「ハワイアン」な逸品はおそらくポケで、これは必ず食べておきましょう。 一人でテーブルに座るのに抵抗があっても、ポケならたいていテイクアウトできるので、どこか絵になりそうなところでじっくり味わうのもいいと思います。 それから、ひとりでバケーションを満喫しているということは、ロコモコも堪能する余裕があるはずです。 ソースにお肉、ライス、目玉焼き・・・美味しそうじゃありませんか? ヒロにあるCafe 100なら、30種類以上あるロコモコのなかから好きなものが選べます。

プライド オブ アメリカの船内にもダイニングオプションが19か所あるので、現地のグルメを探訪しない時はぜひそのオプションをどうぞ。

自分に贅沢を

スパ サーマルルームでくつろぎの時間を

自分の価値を信じること。 島々を探検してアドベンチャーを楽しんだら、ノルウェージャンクルーズラインの豪華なクルーズ スパトリートメントでその日を振り返る時間を過ごしましょう。 そして、そこで息を抜いてゆったりと、地球で一番美しいところにいるんだと実感しながら瞑想してみてください。気持ちいいマッサージの後は夕焼けがもっときれいに見えるはずです。 とにかくビーチに寄って、甘いドリンク(お酒でも)を片手に深呼吸しながら、思いきり自分自身の時間を楽しんでください。今がそのチャンスです。

楽園でバケーションを過ごすべき理由は、これだけではありません。 Cruise Feverに掲載の、「プライド オブ アメリカで行くハワイクルーズ」をおすすめする12の理由もご覧ください。

*プライド オブ アメリカでは、ひとり旅の方のために特別にデザイン・料金設定した部屋で受賞暦もあるストゥーディオ ステートルームをご用意しています。