夢のクルーズの体験、ひらめき、そして再び。
最新のお得なクルーズ割引・特典情報をEメールでお届けします!
ノルウェージャンクルーズライン
オフィシャル旅行ブログ

個人的な持ち物は別として、ノルウェージャンクルーズラインではグルメ、エンターテイメント、ショッピング、船内でのアクティビティなど、クルーズバケーションを楽しむために必要なほとんどのものをご用意しています。 でも、クルーズの計画を立てる時は万全の準備をしておくことも大切です。 普通の旅行と違い、クルーズでは万が一忘れ物をしても、ちょっとお店に寄って買うというわけにはいきません。

多くの方にとって、初めてのクルーズを前に荷造りをするのは、楽しみであると同時に大変な作業かもしれません。 旅慣れした旅行者でも、クルーズに何を持っていくべきか迷うことも珍しくありません。 まず何から手をつければいいのでしょう? 正装は必要? 靴は1足で十分? 分からないことだらけでもご心配なく。クルーズに必要なものをそろえるのは、意外と簡単です。 初めてのクルーズに何を持っていけばよいのか、荷造りのヒントをご紹介します。

クルーズの持ち物チェックリスト

  • カジュアルな服
    • サマードレス
    • スカート
    • カプリパンツ
    • ショートパンツ
    • ジーンズ
    • ブラウス
    • キャップまたは帽子
    • カーキパンツ
    • ジーンズ
    • Tシャツ
    • 水着
    • サングラス
    • 薄手のセーター
    • 白い服
  • 履物
    • ビーチサンダル
    • つま先が出ない靴
  • 雨具・日焼け対策グッズ
    • 小さめの傘
    • 日焼け止め・虫よけ
    • 薄手の上着
    • 濡れたものを入れる防水バッグ
  • ステートルームで使うもの
    • 充電器
    • 電池式のナイトライト
    • トラベルアダプター
    • 救急セット
    • 予備のハンガー
    • 消臭スプレー
    • 卓上扇風機
    • 目覚まし時計

衣類

どのような服を持って行けばよいのか、これは多くの方が一番気になることではないでしょうか。 ノルウェージャンクルーズラインの「フリースタイル クルージング」というコンセプトは、クルーズの楽しみ方を自由に選択できるのが魅力。もちろん、服装も例外ではありません。 ノルウェージャンクルーズラインのドレスコードは厳しくありませんので、船内のほとんどの場所で、カジュアルな服装でお過ごしいただけます。 女性のカジュアルウェアの例としては、サマードレス、スカート、カプリパンツ、ショートパンツ、ジーンズ、ブラウスなど。 男性の場合はカーキパンツ、ジーンズ、ショートパンツ、Tシャツなどがあれば、ほぼどこでも大丈夫です。

ただし、メインダイニングルームや格調高いスペシャリティダイニングでお食事をする際は、ちょっとドレスアップしてお出かけください。 男性は、ショートパンツ、野球帽、サンダルは避けましょう。 必要以上にたくさんの衣類を持っていきがちですが、船内でどんなアクティビティに参加するのかあらかじめ決めておき、快適な服装でクルーズをお楽しみください。

ノルウェージャン ゲッタウェイの678 オーシャンプレイス
ノルウェージャンナイトアウトはドレスアップでもドレスダウンでもOK。

目的に合った靴

クルーズにはビーチサンダルで十分、そう思っていませんか? 寄港地観光ツアーでは、履物について特別な注意事項があることもありますのでご注意ください。 たとえばジップラインや乗馬などのアクティビティでは、つま先が出ない靴が必要です。 森の中を歩く時は、ヘビにかまれたり、怪我したりしないように、適切な靴で足を保護することが大切です。 また、ブレイクアウェイやブレイクアウェイプラスのロープコースでも、つま先が出ない靴を履く必要があります。

ヨーロッパの多くの国では美しい石畳の通りが見られますが、歩く時は転ばないように要注意。 ゆるんでいたりガタガタの石畳に足を取られることも珍しくありません。 適切な靴がないからという理由で寄港地観光ツアーに参加できなくても、払い戻しを受けることはできませんので、事前にきちんと確認しておきましょう。

天候に合わせた服装・グッズ

一年を通して青い空と澄み切った海が楽しめるカリブ海へのクルーズなら、 水着やビーチグッズがあればほぼ間違いないでしょう。 水着、日焼け止め、サンダル、カバーアップをバッグに入れたら準備はOK。 それでもやはり、荷物をまとめる前に現地の天気をチェックしておくことが重要です。 もし雨の予報なら、念のため傘と薄手の上着を手荷物用バッグに入れておきましょう。

クルーズの航程にヨーロッパやカナダへの寄港が含まれている場合は、日によって、または一日のうちでも温度差が大きいため、天気予報を確認し、適切な準備をすることがとても大切です。 また予報に関わらず、船上で寒い時に着る薄手のセーターが一枚あると便利です。 ダイニングルームやシアターなど船内のスペースではエアコンが効いているため、肌寒く感じることもあります。

テーマに合わせた服装

ノルウェージャンクルーズラインではパーティーも楽しみの一つ。船内ではユニークなテーマを設けたパーティーが開催されます。 ディスコや80年代がテーマのパーティーでは、DJがその時代にぴったりの曲をセレクト。ぜひドレスアップしてご参加ください。 また、洋上で最もホットなパーティーとして知られるノルウェージャンクルーズラインのオリジナルイベント、グローパーティーはどのクルーズでも大人気です。 すべて白でまとめたコーディネートでおしゃれして、一晩中踊り明かしましょう。

ノルウェージャンクルーズラインのクルーズではフォーマルナイトはありませんが、ナイトアウトの日は最高にドレスアップするチャンス。もちろん、そうでなくても構いません。 お好きなスタイルでお楽しみください。 ナイトアウトでは、ご家族やお友達、または船長と、とっておきの装いで記念撮影をするのもおすすめです。

ステートルームにあると便利なもの

ノルウェージャンクルーズラインのステートルームには、クルーズバケーションの間もご自宅のようにくつろいでいただけるよう、必要なものがすべてそろっています。 ここでは、客室で過ごす時間がもっと快適になるグッズをいくつかご紹介します。 まず、すべての電子機器について、充電器を忘れずに持っていきましょう。 ほとんどのステートルームには北米仕様のコンセントが1つとヨーロッパ規格のコンセントが1つあります。コンセントアダプターがあると、両方を使うことができて便利です。 また、小型のサージ保護機器があれば、複数の機器を一つのコンセントで一度に充電できます。

初めてクルーズに参加される方には、基本的な救急用品がそろった救急セットをお持ちになることをお勧めします。 救急セットには、お腹の調子が悪い時や風邪、乗り物酔い、その他具合が悪い時のために、普段使用している市販の薬を入れておきましょう。 洋上や港では、使い慣れた医薬品が手に入りにくいこともあります。 このほか、ステートルームでは予備のハンガー、消臭スプレー、卓上扇風機、ポータブルナイトライト、目覚まし時計があると重宝します。

初めてのクルーズで何を持っていったらいいか分からないという時は、これらを参考にしてまず荷造りをスタートしてみましょう。 さらに、クルーズ前にCruise Norwegianアプリをダウンロードしておくと、クルーズバケーションの準備がもっと楽になります。 アプリを使って船内でのアクティビティやお食事、寄港地観光ツアー、エンターテイメントなどの予約ができます。

船内でもアプリが活躍。他の乗客の方とチャットやメッセージの送受信ができるほか、アカウント情報や船内でのお買い物履歴を確認したり、船内新聞でアクティビティをチェックしたりできます。 また、ノルウェージャンクルーズラインからのお知らせメールの配信登録をしていただきますと、クルーズの最新ニュースやクルーズに役立つヒント、アドバイス、お得な割引情報をお届けいたします。