夢のクルーズの体験、ひらめき、そして再び。
ノルウェージャンクルーズライン
オフィシャル旅行ブログ

地中海クルーズで試してみたいドリンク

地中海クルーズ中のくつろぎの時間や素敵な食事のお供に、おいしいワインを飲むことが多いかもしれません。でも、気分を変えて違ったものも試してみたい時には、こちらでおすすめする各地の伝統的なスピリッツやリキュールの味覚をお楽しみください。

フランスのドリンク:パスティスとモレスク

フランスに向かう船内では、アブサンの代用品として開発されたパスティスやアニス系のスピリッツがおすすめです。 パスティスは大抵の場合、水で薄めて飲みます。すでに薄められた形で出されることと、ショットグラス一杯のパスティスと水を別々に出され、自分の好みの濃さにして飲むことがあります。 また、パスティスと果物のシロップをミックスした夏にぴったりのカクテルもあります。 パスティスにアーモンドシロップを混ぜたカクテル「モレスク」は絶品です。

イタリアのドリンク:アペロールスプリッツとリモンチェッロ

イタリアに向かう船内ではアペロールスプリッツをどうぞ
You’ll likely encounter the immensely popular cocktail, the Aperol Spritz, while you’re out and about in Italy. It’s fizzy, bitter, and slightly sweet, often served with a slice of orange and has a reputation for being the perfect aperitivo, or before-dinner drink. これで食前酒はバッチリですので、 次はディジェスティフ(食後酒)についてお話しましょう。 リモンチェッロなら、きっとご満足いただけることでしょう。 美味しいイタリアンを食べた後は、この甘酸っぱいレモンリキュールで余韻を楽しむのがいちばんです。

ギリシャのドリンク:ウーゾ

ギリシャに向かうクルーズではウーゾにチャレンジ
パスティスと同じく、ウーゾもアニスの香りのするアルコール度の強いお酒で、ワイン製造に使われたブドウなどを原料として作られます。 オンザロックで飲むと、アニスが氷に反応して透明から濁った色に変わるという面白い現象が見られます。 オリーブやフェタチーズなどのメゼデス(ギリシャのタパス)をつまみながら、ゆっくり味わいましょう。 経験者として言っておきますが、ウーゾをショットで飲むのはおすすめしません。 飲んでもいいですが、悪酔い間違いなしです。

モンテネグロのドリンク:ラキア

モンテネグロを代表するドリンク、ラキアは蒸留酒の一種(ブランデーに近い)で、プラム、ブドウ、桑の実やその他たくさんの果実から作られます。 モンテネグロへのクルーズ で、モンテネグロ人の家に招待される幸運な機会があれば、お食事とラキアのお酒での乾杯でもてなされることになります。 モンテネグロの人々がお酒ばかり飲んでいるというわけではありませんが、ラキアは伝統として根付いており、多くの家で作られ各家庭の味が存在します。

クロアチアのドリンク:ブランデーとバンバス

クロアチアのラキアにトライ
クロアチアにもラキアがあります。一般的にクロアチア人はあらゆるブランデーを好むため、スリヴォヴィッツ(プラムのブランデー)、トラヴァリツァ(ハーブのブランデー)、クロシュコヴァック(梨のブランデー)、オラホヴァック(くるみのブランデー)、ロゾヴァチャ(ブドウのブランデー)など、様々なラキアがあります。 ブランデーがお好きでなければ、ちょっと風変わりだけれど大人気の「バンバス」がおすすめ。クロアチアで楽しめる、赤ワインをコーラで割った夏のドリンクです。 余談ですが、私の故郷では「カレッジサングリア(大学生のサングリア)」と呼ばれています。 ドゥブロブニククルーズで、バンバスはちょっとエネルギッシュすぎるという方は、アドリア海の端の崖の上にあるブザバーの一つにぜひ足を運んでみてください。 見事なパノラマビューを堪能できます。

スペインのドリンク:クレマ カタラナ

スペインには、バリエーションに富んだ美味しい料理がたくさん!もちろん、ドリンクも充実しています。 ユニークで新しいものを試したいのであれば、クレマ カタラナのデザートリキュールはいかがでしょうか。 クレマ カタラーナとはクレームブリュレに似たカタルーニャ地方の伝統的なデザートで、リキュールにはその素晴らしい味わいと風味がぎゅっと詰まっています。 バルセロナで思いのままに楽しみたいけれど、予算があまりないという時には、バー「ダウ・ジョーンズ」で楽しいひとときを。なんと株式市場についても学べます。このバーでは、ドリンクの「株価が暴落」すると、多くの飲み物の価格が急落し、またドリンクをオーダーせずにはいられません。

また繰り返しますが、どこにいても、現地の人に食事や飲み物のおすすめを尋ねれば、最高のチョイスができます。話しかけるのを恐れることはありません。もちろん、お礼の気持ちを伝えるため、注文した料理やドリンクをシェアするのは礼儀にかなっています。どうぞ楽しい旅を!