夢のクルーズの体験、ひらめき、そして再び。
ノルウェージャンクルーズライン
オフィシャル旅行ブログ

ハワイクルーズでポリネシアカルチャーセンターを訪れてみませんか

米国の50番目、そして最後の州となるずっと以前、南国の楽園ハワイは、勇敢なポリネシアの探検者たちの子孫が治める王国でした。 今でも、ハワイクルーズでハワイを訪れると、人々や言葉、そして食べ物など、島々のいたる所でポリネシアの影響を目にすることができます。 かつてハワイに特に大きな影響を与えたポリネシアの島国は、トンガ、タヒチ、フィジー、マルキーズ諸島、サモア、アオテアロア(ニュージーランドとマオリ)などです。

体験する

ハワイでポリネシアの島々と、ポリネシアがハワイに与えた影響について学びたい方に特におすすめなのが、ポリネシアカルチャーセンターです。 ポリネシア文化を再現したこのカルチャーセンターは、42エーカーの敷地を有し、ホノルルから北東へ約1時間のところにあります。 ゲスト参加型のテーマパークで、ポリネシアがハワイに与えた影響をただ学ぶだけではなく、数々のアクティビティとデモンストレーションに参加し、それを満喫することができます。 例えば、以下のようなアクティビティやデモンストレーションがあります:

• 島の伝統的なカヌーレースに参加する

• タヒチ式の槍投げを学ぶ

• ポリネシアカルチャーセンター内とラグーンを巡るカヌーツアーに参加する

• ダブルカヌーの上で本物のポリネシアンダンサーによって繰り広げられる水上のショー、「レインボー・オブ・パラダイス」を観賞する

• ハワイに定住するようになったポリネシアの人々が、小さなボートで広大な海を渡った方法を学ぶ

• キリスト教宣教師の住居を再現したレプリカを訪れる

村の生活

ポリネシアカルチャーセンターには6つの村があり、それぞれサモア、アオテアロア、フィジー、タヒチ、そしてマルキーズの島国をモデルに作られています。それにより、ゲストは「地元の人々」と触れ合い、彼らの日々の暮らしについてより多くを発見することができます。 例えば、サモアの村をモデルにした島では、木切れを擦り合わせて火をおこす方法を学んだり、サモア料理を作る手伝いをしたり、それを試食したりすることができます。

アオテアロア村を訪れるゲストは、熟練の職人によるティキ制作の様子を見学することができるほか、マオリ族が顔に入れる伝統的なタトゥーについても学べます。 しかも、お望みならタトゥーを試してみることも可能です(洗い流せるタイプなので、ご心配なく)。 トンガ村の島では、ステージ上に呼ばれ、トンガのドラムを演奏する才能があるかどうか試されるかもしれません。

ダイニング

ポリネシアカルチャーセンターのルアウショー

ポリネシアカルチャーセンターには、スナックバーのほか、オアフ島最大規模のレストランでスペシャルイベントも行われるゲートウェイ・レストランもあります。でもここはハワイ。せっかくなら、伝統的なルアウで特別な時間を祝ってみませんか? ポリネシアカルチャーセンターでは、屋外にある屋根付きの会場で豪華なルアウをお楽しみいただけます。 しかも、これは食事だけではありません。ダンスもあるエンターテイメントのショーや、イムという地面を掘って作ったかまどの紹介もあります。 ビュッフェメニューには、ポイやカルアポーク、ポケ、チョコレート ハウピアケーキなど、伝統的なハワイ料理が含まれます。

ショータイム

ポリネシアカルチャーセンターでは、夜間にポリネシアの歌や踊り、特殊効果、アニメーションなどに彩られたショーを屋内の劇場でお楽しみいただけます。