夢のクルーズの体験、ひらめき、そして再び。
ノルウェージャンクルーズライン
オフィシャル旅行ブログ

ヨーロッパクルーズに出かけるべき理由

Hello? Who doesn’t want to travel to Europe? ヨーロッパは想定していなかったというのはあるかもしれません。でも、この続きを読めば考えがきっと変わるでしょう。 少しでも旅心があれば、早かれ遅かれ好奇心が刺激されて、いつか行ってみたい場所のひとつにヨーロッパがあるはずです。

ところが、クルーズでヨーロッパ旅行といってもピンとこない場合もあるようです。 実は私自身も、クルーズと言えば南の島で賑やかに過ごしたり、6ヶ月ほどかけて贅沢に世界を回ったりするものだ思っていました。

But somewhere between those two, there is the great European continent, and it is begging to be cruised. Best of all, it is all within reach. それにノルウェージャンクルーズラインのバケーションには、あらゆるもののいいところが詰まっています。まず、気ままに過ごせる客船は快適そのもので、寄港地ではヨーロッパの有名な街や史跡を訪れて旧世界の文化にも触れられます。 One minute you're lapping in the luxury of Norwegian's spa thermal suite, and the next, you're strolling hand-in-hand alongside the Seine in Paris.

もう皆さんを説得する必要もないかと思いますが、とにかく基本が肝心。ここに、ノルウェージャンクルーズラインのヨーロッパクルーズをおすすめする理由をいくつかご紹介します。

クオリティ:

ヨーロッパ旅行の方法はたくさんありますが、ノルウェージャンクルーズラインほどの受賞歴を誇る旅行会社はそうないでしょう。ワールド・トラベル・アワードの「Europe's Leading Cruise Line/ヨーロッパを代表するクルーズライン」を9年も連続で受賞しています。 せっかく優雅なヨーロッパ旅行に出かけるのなら、「一生に一度の夢のバケーション」をとことん満喫しませんか? 

ノルウェージャン スピリットでバルト海へ

フレキシブル(柔軟性):

バルセロナにローマ、コペンハーゲン、 ギリシャのほか、出発港はまだまだたくさんあります。 また、オーソドックスなヨーロッパのほかにバルト海地中海などの目的地が選べます。

決して行く所が多すぎて時間が足りない、といった思いをすることはありません。 訪れる場所が絞られているのがノルウェージャンクルーズラインのクルーズ。一番気に入ったものを選んで、続きは次回にとっておいたらよいのです。 暖かい場所で過ごしたければ、地中海やカナリア諸島がちょうどよいかもしれません。

また、ローマ、フィレンツェ、カンヌ、バルセロナなど、ヨーロッパの真髄に迫れる街も高い人気を誇っています。ノルウェージャンクルーズラインでは7日間、9日間、11日間のクルーズがあり、世界的に有名な観光スポットをゆっくりと時間をかけて回れるようになっています。 こうしたクルーズでは現地の交通事情の心配も不要です。 寄港地観光ツアーはすべてガイド付きで、アメニティの配慮も行き届いています。

お値打ち感&贅沢さ

Norwegian’s European cruises boast some of the most reasonable costs for exploring Europe and beyond. そのひとつが9日間のコペンハーゲン発スカンジナビア・ロシアクルーズ。一番安いものであれば1日あたり134ドルしかかかりません。 ごく一部の都市を除く平均的なホテル宿泊料金と比べてみてもお得です。

また、オールインクルーシブの食事をはじめ、贅沢なスパ、最先端のフィットネスセンター、スリル満点のカジノ、批評家絶賛のショーなど、ワールドクラスのアメニティもそろっています。 つまりお金を払ってヨーロッパに行くだけでなく、夢が実現するわけです。 今年の目標に加えてみませんか?

ノルウェージャン エピックでヨーロッパへ